Jan 14, 22Event
Kazumi Tsuji + factory zoomer “Sunny & Cloudy”

<本展示のアポイントメントに関して>
本展はご予約満了のため、全日程の受付を終了いたしました。ご了承ください。
なお現在、多数のお問合せを頂戴しております。恐れ入りますが、以下内容をご確認ください。

・ご予約満了となりましたので、【全日程 完全予約制】でのご対応とさせていただきます。
・ご予約以外のお客様はご入店いただけません。また、店舗の前でお並びいただくことはご遠慮願います。
・ご予約のキャンセル待ちはお受けしておりません。
・事前の展示内容に関してのお問い合わせはご遠慮ください。
・ご予約が完了している場合には、完了メールを配信しております。メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。そちらにも届いていなければ、ご予約は完了しておりません。



ガラス作家・辻和美の展覧会を、2022年1月21日(金)から1月30日(日)にかけてOVER THE COUNTERで開催します。テーマはSunny & Cloudy。昨年、factory zoomerでの同展で発表された「ms.garden」の新作を軸に様々な作品をご紹介します。

「ms.garden」は、身近な自然やものごとに目が向きやすいコロナ禍のいま、心踊るような作品を、という作家の思いから生まれました。ガラス面にカットとエナメルで植物や蝶を描いたシリーズで、本展では新しく乳白色のボディで表現されています。
今年初となる展覧会です。ぜひお運びください。


Sunny & Cloudy
“「Life has its sunshine and its rain, its days and its nights its peaks and its valleys.―人生には晴れもあれば雨もある。昼もあれば夜もある、山もあれば谷もある」
これは、幼い頃、ベッドの中でかぶりついて読んだスヌーピーの漫画からの言葉である。つまり生きていれば楽しい日も辛い日もあるもんだ。という意味なのだが、そんなことは、何度となく聞かされてきて、わかっているのだが、コロナ禍では、こんな当たり前の言葉が幾度となく浮かんできた。
外にばかり目が向いていた私にいきなりのパンデミック。しばらくは、自分自身もドキドキが止まらず、途方に暮れていたが、2年めになると、家と工房、そして家のまわりの畑や小道を散歩する日々の中にいろいろな発見や楽しみを見つけれるようになった。放っておくとすぐ伸びる雑草、どんどん背が高くなってしまう紫陽花、畑のキャベツの中を舞う紋白蝶など、毎年同じような景色を見せてくれる。この2年ですっかり変わってしまった人間社会に対して、どこ吹く風としっかりと根をおろすものたち。今必要なのはそんなことかもしれない。お天気だったり、庭の植物、動物たちのことなど、私がこの日々の暮らしで見つけて感じた、とても個人的な思いをグラスの上に綴ってみた。慣れない制作ではあったが、それはそれで、私自身の良い記録になった。ひとりでも多くの方と共感できるようなら、そんな幸せなことはない。
今日も晴れのち曇りで少し雨。”
 
― 辻和美


【ご来店予約について】ご予約満了のため受付終了
1月17日(月)午前12時(正午)」より、下記予約フォームのリンクが有効になりますので、ご希望のお客様は予約フォームよりお申し込みください。

TITLE
Kazumi Tsuji + factory zoomer “Sunny & Cloudy”
DATE
2022年1月21日(金) – 1月30日(日)/12:00〜19:00
火曜日定休
SHOP
OVER THE COUNTER
NOTE
イベント設営のため、1月20日(木)は17時閉店となります。
PROFILE
辻 和美/ガラス作家、美術家。1964年石川県に生まれる。カリフォルニア美術大学卒業後、金沢卯辰山工芸工房ガラス工房専門員を勤め、1999年にガラス工房「factory zoomer」を設立。ガラス器の新しいスタンダードを目指し、制作に従事している。2005年には「factory zoomer/shop」をオープン。2010年に生活工芸プロジェクトのチーフディレクターを務めるなど、既成のジャンルにこだわらず、独自のスタイルで活動する。2012年よりARTS&SCIENCEで取り扱いを開始。
  • ※ 詳細は店舗もしくはコンタクトフォームよりお問い合わせください。
  • ※ 品切れによりお求めいただけない場合もございますので、ご了承ください。