Loading...

Peter Ivy 「Shape of Light」

このたび、ガラス作家ピーター・アイビーの展覧会を開催いたします。東京・京都・福岡の3都市を巡回する本展では、作家が数年にわたる照明の研究の末に完成した、新作のペンダントライトを軸にご紹介いたします。

Event details

照明器具のアイデアを描いて、部品をCADで設計し、その部品を実際に3Dプリンターで成形して試作する。そんな実験的試作を重ねたピーター・アイビーが本展で初披露するのが、白い硝子をシェードに用いたペンダントライトです。ガラスのシェードはひとつひとつ型を使わずに手吹きで制作され、使われている金具は全てオーダーによるオリジナルです。

本展では、新作のご紹介とあわせて代表作品の〈Yakumi〉やピッチャー作品も久しぶりに並ぶ予定です。皆さまのご来店をお待ちしております。

MESSAGE

“神社とお寺が並ぶ稀有な景色の前に工房「流動研究所」と、築70年の古民家を自身でデザインし、 改修を続けている自宅兼ギャラリーがあります。 
建物の解体からはじめて足掛け6年ほど経つでしょうか。
ここ数年、私は完成が近づいてきた自宅に住みながら照明について考えています。

 

刻一刻と流れていく自然の光と空間の関係
必要な場所に必要なだけの明かりを。

 

硝子の照明傘は型も使わずひとつひとつ手吹きで制作します。
白色硝子は空間に光を広げ、鏡面硝子は電球のフィラメントを眺めることができます。
上部から優しく光が漏れる意匠は、昔のランタンのようであたたかみがあって気に入っています。

 

照明傘とソケットコードを繋ぐ銅製の無垢材の金具は、アイデアを描き、CADで自ら設計し、製作は国内の製造会社にこだわりました。

2000年も前から続く吹き硝子の技術と、現代の技術との組み合わせ。 
このコントラストがまた面白いと思いませんか。

 

そうしてできあがった作品は、やがて経年変化により、金具の銅が落ち着いた黒錆に変化することで完成するのです。”

 

― ピーター・アイビー

ご来店に際してのお願い

  • 店舗により会期が異なります。ご来店希望店舗の詳細を事前に必ずご確認下さい。
  • 状況によりご購入点数制限を設けさせていただく場合がございます。
  • 状況により入店をお待ちいただく、お断りする可能性もございます。
  • 展示作品の特性上、小学生以下のお子様連れでのご入店はご遠慮ください。

東京および京都開催店舗につきましては混雑回避のため、展覧会初日の一部時間はご予約制とさせていただきます。ご予約を希望される方は、予約申込みフォームより、注意事項をご確認の上、期間内にご予約ください。

 

〈ご予約制の時間帯〉
OVER THE COUNTER: 4月5日(金) 11:00-16:00
HIN / Arts & Science: 4月19日(金) 11:00-14:00

Rokkakei Pendant Light L / White
Rokkakei Pendant Light S / White
Yakumi Set
Pitcher

PROFILE

ピーター·アイビー_ガラス作家。日本の富山県に工房「流動研究所」を構え、アート作品から普段使いのものまで幅広く制作。「使うことにより、その作品の美しさが完成するものをつくりたい」というコンセプトのもと、繊細な佇まいでありながら、あたたかく、実用性にも優れた作品を作り出している。様々なシーンに自然と馴染むガラス作品は、色の調和を楽しめる薄い中間色が印象的。

EVENT DETAILS

TITLE

Peter Ivy 「Shape of Light」

TOKYO

OVER THE COUNTER
2024年4月5日(金) — 4月14日(日)/ 11:00 – 19:00
作家在店日:4月13日(土)
火曜定休

KYOTO

HIN / Arts & Science, Nijodori Kyoto
2024年4月19日(金) — 4月29日(月・祝)/ 11:00 – 19:00
作家在店日:4月27日(土)
火曜定休
*会期前日の4月18日(木)は、設営のため15時閉店

FUKUOKA

A&S FUKUOKA
2024年4月26日(金) — 5月6日(月・祝)/ 11:00 – 19:00
作家在店日:4月29日(月・祝)
*4月30日(火)は営業

予約申込みフォーム