ARTS&SCIENCE

Archives

  • Nov 14, 22Event
    ZANINI × ARTS&SCIENCE Collaboration Collection

    Halston、ROCHAS、Schiaparelliなどを手がけてきたMarco Zaniniが、2019年からスタートした自身のブランド〈ZANINI〉。日本ではデビュー当初からARTS&SCIENCEでエクスクルーシブ展開しています。この度、ZANINIとコラボレーションしたアイテムを11月18日(金)にA&S青山で発表いたします。

    今シーズン、コレクション展開をスキップしたZANINI。かねてよりA&Sの服づくりに興味を持っていたMarco Zaniniと、日本での物づくりを展開するA&Sがタッグを組み「ZANINI × ARTS&SCIENCE」は生まれました。このコレクションはすべて日本で製作され、3つの要素で表現されています。生地製造から一貫してイタリアでおこなわれるZANINIのコレクションとは異なった両ブランドの世界観が融合された新たな試みです。

    ・ZANINIの生地を用いてA&Sのパターンにより製作されたアイテム
    ・A&Sの生地を用いてZANINIのパターンで製作されたアイテム
    ・ZANINIの生地とパターンを用いて製作されたアイテム

    そして、このコレクションの発表に合わせてイタリアよりMarco Zaniniが来日します。彼は2019年のコレクションローンチ以降コロナ禍もあり、A&Sでみなさまにお会いできる機会を待ち望んでいました。11月18日(金)の夕方頃から青山店でみなさまをお迎えする予定です。ぜひ本人に会いにいらしてください。

    *Marco Zaniniへのインタビューページの公開も予定しております。どうぞお楽しみに。

    TITLE
    ZANINI × ARTS&SCIENCE Collaboration Collection
    DATE
    2022年11月18日(金)〜 / 11:00 – 19:00
    火曜定休
    《Cocktail party!》 11月18日(金) 16:00 〜
    デザイナー Marco Zanini在店
    SHOP
    NOTE
    過去の特集記事はこちら

    close

  • Nov 7, 22Product
    A&S 2022AW “英式紡績糸シリーズ”

    番手、組織、表情、タッチ、風合い、味わい、つくる意味。ARTS&SCIENCEの生地づくりは、多くの側面をふまえてシーズンイメージにそってかたちにしていく、A&Sのものづくりの根幹です。取引先や職人、産地ごとの得意分野を活かして生まれるそれぞれの生地には、つくられた理由や背景が必ずあります。本企画では2022AWコレクションの生地表現にフォーカスし、アイテムと共にご紹介しています。

    今回は、生地の前段階である英式紡績機による「糸づくり」に焦点を当て、この紡績から生まれる糸の特性についてご紹介します。

    番手、組織、表情、タッチ、風合い、味わい、つくる意味。ARTS&SCIENCEの生地づくりは、多くの側面をふまえてシーズンイメージにそってかたちにしていく、A&Sのものづくりの根幹です。取引先や職人、産地ごとの得意分野を活かして生まれるそれぞれの生地には、つくられた理由や背景が必ずあります。本企画では2022AWコレクションの生地表現にフォーカスし、アイテムと共にご紹介しています。

    今回は、生地の前段階である英式紡績機による「糸づくり」に焦点を当て、この紡績から生まれる糸の特性についてご紹介します。

    SEE MORE

    close

  • Oct 25, 22Product
    “Kumihimo” Combi Braid Belt

    ARTS&SCIENCEでは、失われつつある職人たちの卓越した技術と精神を守り、商品としての価値を高めることを目指す試みのひとつとして、日本の伝統工芸技術をものづくりに取り入れています。これまで、古代布織物である科布(しなふ)、真竹を用いた竹籠、鹿革と漆による印伝、縄文編みなど、おもに小物の表現で用いてきました。本企画では「組紐」の試みをご紹介します。

    ARTS&SCIENCEでは、失われつつある職人たちの卓越した技術と精神を守り、商品としての価値を高めることを目指す試みのひとつとして、日本の伝統工芸技術をものづくりに取り入れています。これまで、古代布織物である科布(しなふ)、真竹を用いた竹籠、鹿革と漆による印伝、縄文編みなど、おもに小物の表現で用いてきました。本企画では「組紐」の試みをご紹介します。

    SEE MORE

    close

  • Oct 24, 22Information
    Pfütze 受注・販売会 at ARTS&SCIENCE 丸の内

    11月4日(金)〜11月30日(水)の約1ヶ月間にわたり、ARTS&SCIENCE丸の内にてジュエリーブランド Pfützeの受注・販売会を開催します。今年は、新作となる“ナノ”や“虹”シリーズのオーダーを承るほか、“蜂の巣”をはじめ 通常お取り扱いのないラインナップを幅広く揃えてご紹介します。ぜひお運びください。

    ナノ
    水星、金星、月、地球、火星を10憶分の一のナノサイズにしたシリーズ。シンプルでありつつも、きらきらと光る仕上げが施され、しっかりとした存在感が。本企画ではネックレス、ピアス、ブローチを受注生産にて承ります。


    長く愛用できる大人のスタンダードを目指して製作されたシリーズ。プラチナ、18金グリーンゴールド、イエローゴールド、ピンクゴールドによる素材のグラデーションが楽しめる。本企画ではイヤーカフ、リング、ピアス、ブレスレット、ネックレス、ペンダントを受注生産にて承ります。

    TITLE
    Pfütze 受注・販売会 at ARTS&SCIENCE 丸の内
    DATE
    2022年11月4日 (金) – 11月30日 (水) / 11:00 – 20:00
    SHOP
    NOTE
    ブランド特集ページはこちら
    • ※ 詳細は店舗もしくはコンタクトフォームよりお問い合わせください。
    • ※ 品切れによりお求めいただけない場合もございますので、ご了承ください。

    close

  • Oct 21, 22Event
    みたて “歳の市”

    今年も、京都〈花屋 みたて〉のお正月飾りをご紹介する季節になりました。来年の干支 卯を漆の敷板に飾った「干支藁」のほか、新作である黒竹の掛花入「松竹梅」など全31種類からオーダーを承ります。今回は、ARTS&SCIENCEとのコラボレーションによって生まれたYALI Glass(イタリア・ヴェネチア) によるガラスのお飾りもご覧いただく予定です。新しい年を迎えるご準備に、どうぞお出かけください。

    東京はARTS&SCIENCE代官山、京都はHIN / Arts & Scienceで開催します。みなさまのご来店をお待ちしております。

    TITLE
    みたて “歳の市”
    TOKYO
    A&S DAIKANYAMA
    2022年10月28日(金) — 11月6日(日) / 11:00 – 19:00
    火曜定休
    KYOTO
    HIN / Arts & Science, Nijodori Kyoto
    2022年11月11日(金) — 11月20日(日) / 11:00 – 19:00
    火曜定休
    NOTE
    ○ 来店予約は不要ですが、混み合う場合は入場制限を行う可能性がございます。
    ○ 品切れによりお求めいただけない場合もございますので、ご了承ください。
    PROFILE
    2013年4月、京都市北区紫竹に開店。日本の暦にあわせた季節の山野草を用い、しみじみとした奥ゆかしさを持ついけこみや花の木箱などを手がける。ものを本来あるべき姿ではなく別のものに見立てる表現方法、その日本独自の美意識を植物で表現している。

    close

  • Oct 17, 22Information
    姫路市立美術館「杉本博司 本歌取り-日本文化の伝承と飛翔」展

    東京及びニューヨークを拠点に活動する、現代美術作家・杉本博司氏の展覧会「杉本博司 本歌取り-日本文化の伝承と飛翔」が現在、姫路市立美術館にて開催中。

    東京及びニューヨークを拠点に活動する、現代美術作家・杉本博司氏の展覧会「杉本博司 本歌取り-日本文化の伝承と飛翔」が現在、姫路市立美術館にて開催中。

    SEE MORE

    close

  • Oct 3, 22Information
    A&S FUKUOKA 1st Anniversary

    東京、京都での店づくりを経て、新たな地となる福岡に「アーツ&サイエンス 福岡」をオープンして早1年。来る10月8日に1周年を迎えることとなりました。つつがなくこの良き日を迎えられるのは、日々お店に足を運んでくださる皆さまのおかげです。心より感謝申しあげます。

    ささやかではございますが、10月8日(土)と9日(日)の2日間、同店では夕方よりお飲み物をご用意して皆さまをお迎えできればと思います。
    そして、10月8日(土)には、店舗内装を手掛けて下さった、空間・プロダクトデザイナー二俣公一氏が在店されます。直にお話しをしていただける嬉しい機会ですので、ぜひお運びください。

    引き続き「アーツ&サイエンス 福岡」は、この地のみなさまに愛される店を目指してまいります。今後ともどうぞよろしくお願い申しあげます。

    TITLE
    A&S FUKUOKA 1st Anniversary
    DATE
    2022年10月8日(土)、9日(日)/16:00 – 19:00
    二俣公一氏在店予定: 8日(土)16: 00〜
    SHOP
    A&S FUKUOKA
    NOTE
    同時期10月8日(土)〜「履物関づか 展示受注会」も開催します。店主・関塚真司在店予定。詳細はこちらよりご覧ください。

    close

  • Oct 3, 22Event
    履物 関づか 展示受注会

    確かな手仕事で、見た目に美しく履きやすい履物を手がける〈履物関づか〉。「靴ではない日本の履物」をテーマに掲げ、限られた人が限られた場所で履くものではなく、日常に寄り添う履物を日々提案しています。このたびARTS&SCIENCE福岡では初となる履物関づかの受注会を、10月8日から16日にかけて開催します。花緒にARTS&SCIENCEの生地を用いた新たな提案を軸に、お好みの履物を誂えていただける企画です。

    ARTS&SCIENCEの物づくりの根幹とも言えるオリジナルの生地は、毎シーズンのイメージに沿ってつくられています。今回の受注会は、ARTS&SCIENCEがストックしているアーカイブの生地から、履物関づか・店主が直々に選んだ14種類をはじめとした多種多様な花緒をご紹介します。花緒は表地が生地、足と密着する裏面はスウェードを用いることで履物としての強度が保たれます。そして、土台には「コードバン」や「籐」などの6種類を、サイズはメンズサイズ、レディースサイズをご用意して受注を承ります。みなさまのご来店を心よりお待ちしております。

    履物関づかについて
    京都・岩倉にアトリエを構え、履物のデザイン・製造・販売に至る全てを担い、オーダーメイドの対応や購入後の調整・修理などのアフターケアに至るまで、きめ細かなサービスを提供しています。どんなお客様が、どんな服装で、どんなシーンで使用するのか。関づかの履物作りの要は想像力です。全行程が手仕事によって生み出される履物は、色やバランスなど独自の選択眼から成り立ちます。足入れから歩行までのイメージに重きをおきながら、履き心地を追求したものづくりをしています。履物=和装という固定概念を取り払い、履物という言葉や意味をフラットに捉えているのも特徴です。

    TITLE
    履物 関づか 展示受注会
    DATE
    2022年10月8日(土) — 10月16日(日) / 11:00 – 19:00
    関塚氏在店:10月8日、9日
    SHOP
    A&S FUKUOKA
    PROFILE
    関塚真司
    約10年程京都の履物店で修行。 2020年4月に自身のアトリエ兼ギャラリーを京都・岩倉にオープンする。

    close

  • Sep 30, 22Product
    A&S 2022AW “Wool Washi Cotton Tweed”

    番手、組織、表情、タッチ、風合い、味わい、つくる意味。ARTS&SCIENCEの生地づくりは、多くの側面をふまえてシーズンイメージにそってかたちにしていく、A&Sのものづくりの根幹です。取引先や職人、産地ごとの得意分野を活かして生まれるそれぞれの生地には、つくられた理由や背景が必ずあります。本企画では2022AWコレクションの中から月毎の生地表現にフォーカスし、アイテムと共にご紹介していきます。

    今月は、ウール、和紙、コットンによる三者混織物「Wool Washi Cotton Tweed」に焦点を当て、この生地の特性やその風合いについてご紹介します。

    番手、組織、表情、タッチ、風合い、味わい、つくる意味。ARTS&SCIENCEの生地づくりは、多くの側面をふまえてシーズンイメージにそってかたちにしていく、A&Sのものづくりの根幹です。取引先や職人、産地ごとの得意分野を活かして生まれるそれぞれの生地には、つくられた理由や背景が必ずあります。本企画では2022AWコレクションの中から月毎の生地表現にフォーカスし、アイテムと共にご紹介していきます。

    今月は、ウール、和紙、コットンによる三者混織物「Wool Washi Cotton Tweed」に焦点を当て、この生地の特性やその風合いについてご紹介します。

    SEE MORE

    close

  • Sep 26, 22RECRUIT
    STAFF INTERVIEW Vol.3

    初めて訪れたときのあの感動を、
    今もなお持ち続けている

    (2009年入社 店長・バイヤー/&SHOP 青山)

    初めて訪れたときのあの感動を、
    今もなお持ち続けている

    (2009年入社 店長・バイヤー/&SHOP 青山)

    SEE MORE

    close

  • Sep 22, 22Information
    muska at ARTS&SCIENCE 京都

    ARTS&SCIENCE京都にてmuskaのジュエリーフェアを開催します。
    同ブランド独自の色鮮やかな1点物のジュエリーをはじめ、魚をモチーフにした新作ブレスレットや花々を象ったリングが並びます。実りのある豊穣の季節に、心躍る品々とその世界観をお楽しみください。

    TITLE
    muska at ARTS&SCIENCE 京都
    DATE
    2022年10月7日 (金) – 10月31日 (月) / 11:00 – 19:00
    火曜定休
    SHOP
    PROFILE
    祈りの国であるトルコの自然や文化、色彩からインスピレーションを得て、一点一点ハンドメイドにより創作される〈muska〉。ブランド名はトルコ語で”お守り”を意味し、身につけた人の”道しるべ”となって欲しいという、デザイナーの想いが込められている。
    • ※ 詳細は店舗もしくはコンタクトフォームよりお問い合わせください。
    • ※ 品切れによりお求めいただけない場合もございますので、ご了承ください。

    close

  • Sep 16, 22Information
    RECRUIT UPDATE

    現在ARTS&SCIENCEでは、私たちと同じ目線で向き合い考えてくださる「仲間」を募集しています。RECRUITページが更新され、スタッフインタビューを新たに掲載しています。どうぞご覧ください。

    みなさまのご応募をお待ちしております。

    >> RECRUIT

    close

  • Sep 8, 22Information
    & SHOP 青山 リニューアルオープン

    青山・根津美術館の向かいにある&SHOP 青山が、店内空間を一新し、9月9日(金)にリニューアルオープンいたします。

    これまでのARTS&SCIENCEコレクションラインを中心としたユニセックスアイテムに加え、シーズンレス・ジェンダーレスの定番アイテム〈All the time〉やホームコレクションなども並びます。また、これまでARTS&SCIENCE 青山でご紹介していたイギリス発のフレグランスブランド〈Perfumer H〉が、これからは& SHOP 青山でフルラインナップをご覧いただけます。

    オープンから10年という節目を迎え、様々なクリエイターやブランドとのコラボレーションをはじめ、より皆さまに楽しんでいただけるイベントを企画してまいります。ぜひお立ち寄りください。

    SHOP
    & SHOP AOYAMA
    OPEN
    2022年9月9日(金)〜
    11:00 – 19:00 火曜定休

    close

  • Sep 6, 22Event
    髙仲健一 「End Speed Limit」

    画家・書家・陶芸家として様々な制作を行う髙仲健一の企画展を、京都・東京・福岡の3店舗にて開催いたします。

    ARTS&SCIENCEでは毎年恒例となる本企画。山間にて犬、猫、豚、山羊など様々な動物と共に半自給自足の生活を営む高仲健一。古典的な技法をベースに制作し、描かれるモチーフは日々の暮らしから宇宙や怪獣など、自由で表情豊かな陶器や絵画などの作品が並びます。また今回は、ARTS&SCIENCEとのコラボレーションによるポーチやバッグなどもご用意。イラスト部分は、革を嵌め込むインレイ(象嵌)*という特殊な技法が用いられています。ぜひお運びください。

    *インレイ(象嵌):ベースとなる材に溝を掘り、板状にした素材を嵌め込み模様を表現する技法


    “李白の御主人、宮原重之さんが亡くなられたのを風聞したのは去年のこと。李白とは昭和二七年創業の神保町にあった喫茶店で、そのたたずまいは今に忘れ難い。数年前には編集者の三宅菊子さんが亡くなられた。生活保護を受けている人のための低家賃アパートで、死後数日経って発見されたというのはいかにも三宅さんらしく、一報をお伺いした時、三宅さん、一本筋を通されたな、と思った。このお二方に共通するのは、ものすごくわがままであることと、ありとあらゆるものに目が利くと言いたくなる程の通人であるということで、その分、世間的には相当気難しい人と見做されていたと思うが、私や妻はもちろん、三人の子供達にとってはやさしく慈愛に満ちあふれた存在であった。
     御世話になった先輩方がどんどん少なくなっていく。このことに私は雄大な流れを感じる。今、我が家は出産ラッシュで鶏や川魚などに沢山の小さな命が誕生し、妻はそれらのお世話をしながら毎日ニコニコしている。先日は、若き友人でバイオリニストの佐原敦子ちゃんから妊娠の報告を受けた。何か、うれしくてうれしくて妻としみじみとなった。そうして妻と話をした。命の誕生にこれだけ感動させられるんだから、我々も死ぬべき時がきたら、しっかりと死なないとな、と。”
     
    ― 髙仲健一

    TITLE
    髙仲健一 「End Speed Limit」
    KYOTO
    HIN / Arts & Science, Nijodori Kyoto
    2022年9月16日(金) — 9月25日(日)/ 11:00 – 19:00
    作家在店日:9月16日(金)
    火曜定休
    TOKYO
    OVER THE COUNTER
    2022年10月7日(金) — 10月16日(日)/ 11:00 – 19:00
    作家在店日:10月7日(金)
    火曜定休
    FUKUOKA
    A&S FUKUOKA
    2022年10月22日(土) — 10月30日(日)/ 11:00 – 19:00
    火曜定休
    PROFILE
    1966年茨城県取手市に生まれる。学習院大学を中退後、漢籍、仏書、日本古典を糧に、独学で書、絵画の制作を開始。1993年千葉県大多喜に自身で薪窯を築き、本格的な陶芸活動を始める。半自給自足の生活を営みながら生み出される作品は、独自の感性やユニークな表現が注目され、様々なギャラリーで個展を開催している。
    NOTE
    ○ 来店予約は不要ですが、混み合う場合は入場制限を行う可能性がございます。
    ○ 設営のため、HIN / Arts & Scienceは9月15日(木)が臨時休業、OVER THE COUNTERは10月6日(木)が15時閉店となります。
    • ※ 詳細は店舗もしくはコンタクトフォームよりお問い合わせください。
    • ※ 品切れによりお求めいただけない場合もございますので、ご了承ください。

    close

  • Sep 5, 22Event
    A&S FUKUOKA “& SHOP Edited”

    &SHOPがARTS&SCIENCE福岡に。

    ジェンダレス、ボーダレスをコンセプトに、様々な垣根をこえた自由な感覚の品揃えで展開する&SHOPでは、オリジナルコレクションを軸に展開しつつ様々なブランドとの取り組みも行っています。本企画では、長野県の山麗で制作活動をおこなうブランド〈amachi.〉の新作コレクションによるインスタレーションや、ユニークな素材の組み合わせで良質なものづくりを展開するドイツのブランド〈RACING ATELIER〉によるカスタムオーダーなど、&SHOPならではの試みをA&S福岡で表現します。

    オリジナルコレクションをはじめ、いつもはA&S福岡では展開していないアイテムがたくさん並ぶ予定です。みなさまのご来店心よりお待ちしております。


    >>>amachi. Collection 011 “Vertical Concept” 特集ページはこちら
    ※会場のセッティングはデザイナー・吉本天地自らが手がける予定です。その独自の世界観をぜひご覧ください。

    >>>RACING ATELIER Semi-Custom Order Event “Durable Outdoors” 特集ページはこちら

    TITLE
    A&S FUKUOKA “& SHOP Edited”
    DATE
    2022年9月17日(土)– 10月9日(日)/11:00〜19:00
    火曜日定休
    *amachi./Racing Atelierは9月25日(日)まで
    SHOP
    A&S FUKUOKA

    close

  • Sep 1, 22Event
    Made to Order Furniture by IFUJI × ARTS&SCIENCE vol.5

    工芸ブランド・IFUJIによる家具のオーダー会を開催します。東京・OVER THE COUNTERを皮切りに京都・福岡へ巡回します。ARTS&SCIENCEでは毎年恒例となる、道具としての幅広い提案をしたというIFUJIの思いが込められた企画展です。

    今回は、ARTS&SCIENCE限定素材のブラックウォルナット材を使用した、定番ボックス類や、トレイをはじめとしたテーブルウェア、新作となる・メモリアルボックスなどをご覧いただきます。また、これまでご紹介をしてきた家具類も本展に限り通常よりも多くのお素材からオーダーをご検討いただけます。
    小さな品から家具にいたる多種多様な品をまとめてご覧いただける貴重な機会です。ぜひお運びください。


    - 展示作品の多くはオーダーによる受注生産品となります。
    - 今回、一部のA&S限定品を除き、ボックス、テーブルウェアなど定番品に関してはオーダーをお受けしておりません。
    - お持ち帰り可能な品も若干並ぶ予定です。在庫状況、オーダー可否等の詳細は店舗までお問い合わせ下さい。
    - 事前のご来店予約は不要ですが、混雑時には入場制限を行う可能性がございます。

    TITLE
    Made to Order Furniture by IFUJI × ARTS&SCIENCE vol.5
    TOKYO
    OVER THE COUNTER
    2022年9月9日(金) — 9月25日(日)/ 11:00 – 19:00
    火曜定休
    KYOTO
    HIN / Arts & Science, Nijodori Kyoto
    2022年10月7日(金) — 10月23日(日)/ 11:00 – 19:00
    火曜定休
    FUKUOKA
    A&S FUKUOKA
    2022年11月11日(金) — 11月27日(日)/ 11:00 – 19:00
    火曜定休
    PROFILE
    木工作家、井藤昌志による工芸ブランド。「木」という素材と向き合い、妥協のないものづくりを通して、世紀を超えて長く愛される製品を追求している。長野県松本市に工房を構え、衣食住のものを集めたカフェ・ショップ・ギャラリーの「ラボラトリオ」も運営している。2013年よりARTS&SCIENCEで取り扱いを開始。昨今では年に1回のペースで企画展をおこなう。
    NOTE
    OVER THE COUNTER、HIN / Arts & Scienceは設営のため、会期前日の9月8日(木)、10月6日(木)が15時閉店となります。
    • ※ 詳細は店舗もしくはコンタクトフォームよりお問い合わせください。
    • ※ 品切れによりお求めいただけない場合もございますので、ご了承ください。

    close

  • Aug 22, 22Information
    DOWN THE STAIRSに関するお知らせ

    日頃よりARTS&SCIENCEをご愛顧くださいまして、誠にありがとうございます。
    DOWN THE STAIRSは、下記の期間は臨時休業いたします。

    【臨時休業】
    DOWN THE STAIRS
    2022年8月29日(月)〜9月6日(火)

    ご不便をお掛けしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

    close

  • Aug 16, 22Event
    MARQUESS “Semi-Custom Order Event 2022”

    ビスポーク・シューズブランド〈MARQUESS〉のセミカスタムオーダー会を、8月26日(金)からARTS&SCIENCE青山で開催します。

    7型のデザインからお好みの型でレザーやカラーを選んでいただくセミオーダーを承ります。クロコダイルなど通常お取り扱いのないレザーのスペシャルオーダーも。9月3日(土)と4日(日)の2日間はデザイナー川口氏が在店し、フィッティングはもちろん、足のお悩みなど、直接相談しながらオーダーを検討いただける嬉しい機会です。個々に寄り添った、できる限りの提案をしてくださいます。また、ARTS&SCIENCEで購入されたMARQUESSの靴をお持ちの方は、ぜひ履いてご来店ください。靴の状態を川口氏が確認し適切なアドバイスをくださいます。

    本企画は2023年1月に福岡での開催も予定しております。みなさまのご来店を心よりお待ちしております。


    【ご予約方法】
    ご希望のお客様は下記リンクをクリックしていただき、ご来店希望日時を『第1希望、第2希望』まで必ず明記の上、お申し込みください。

     セミカスタムオーダー会のご来店予約はこちらから 
    [受付開始:8月16日(火)]

    - 店舗からの返信をもってご予約完了とさせていただきます。
    - ご連絡いただくタイミングによってはご希望に添えない場合もございます。ご了承くださいませ。
    - 当日のご予約は青山店まで直接お電話ください。
    - HP内のコンタクトフォームよりご連絡をいただいた場合は無効となります。ご注意ください。


    【イベント開催に際して】
    - アポイント優先でご案内させていただきます。
    - オーダーはレディースサイズ(UKサイズ 3、3 1/2、4、4 1/2、5、5 1/2、6、6 1/2)のみとなります。
    - ご来店の際はマスクの着用と、入口に設置したアルコール消毒液で手指の消毒・検温をお願いしております。

    TITLE
    MARQUESS “Semi-Custom Order Event 2022”
    DATE
    2022年8月26日(金) — 9月4日(日)/ 11:00 – 19:00
    川口氏在店:9月3日(土)、4日(日)
    火曜定休
    SHOP
    NOTE
    ブランド特集記事はこちら

    close

  • Jul 19, 22Product
    Home Collection “Linen Hemp Mat”

    ARTS&SCIENCEのホームコレクションは「毎日つかう生活の必需品だからこそこだわり抜いたものを」という思いから生まれました。ルームウェアやパジャマのために開発された、オリジナルのリネン生地〈リネンヘンプマット〉についてアイテムと共にご紹介します。

    ARTS&SCIENCEのホームコレクションは「毎日つかう生活の必需品だからこそこだわり抜いたものを」という思いから生まれました。ルームウェアやパジャマのために開発された、オリジナルのリネン生地〈リネンヘンプマット〉についてアイテムと共にご紹介します。

    SEE MORE

    close

  • Jul 14, 22Event
    小澄正雄 「段重」

    ガラス作家 小澄正雄の個展を7月29日(金)より東京・OVER THE COUNTERで開催します。本展では、新作となるガラス段重を軸にご紹介するほか、日本の伝統色である藍色系統に属する「瓶覗色*」を表現した作品も。これらの新作と共に、定番の緑がかった透明色による作品もご覧いただきます。本展は、OVER THE COUNTERでの展示を経て、京都・HIN / Arts & Sceince、A&S福岡へ巡回します。ぜひお運びください。

    「段重」によせて
    長崎の奉行所跡から発掘された、17世紀の和製びいどろ*のガラス破片は緑色を帯びた型吹き段重の側面の一部だった。江戸の時代、豊かな生活を送った人々は、蒸し暑い夏に涼しさの演出として、びいどろ段重に夏の味を詰め楽しんだのであろう。
    小澄正雄の手によるこのガラス段重は、その時代と同じ手法である型吹き*でつくられ、水や氷に見立てたガラスに涼を感じる、日本人の今も変わらない自然観や情趣性が表されている。蓋と本体がぴたりと合わさった段重の繊細で正確な仕上げに、作家の持つ技術の高さと日々重ねてきた鍛錬を垣間見ることができる。

    *瓶覗色(かめのぞきいろ):藍瓶を覗いた程度に浸した布の色。瓶の水に映った空の色とも言われ、藍染のごく淡い青色を示す。
    *びいどろ:当時のガラスの呼び名。ポルトガル語でガラスを意味するvidroに由来。
    *型吹き:金属や土で作られた型にガラスを吹き込んで形作る技法。


    “朝がほや一輪深き淵の色   蕪村

     雨水を湛えた甕の中の真っ青な天の色か、うすく消えゆく花弁の藍か。工人の眼に映るいろは…物思いに耽る。
     杳として掴めない、朧げであやしい技術ながら、瓶覗色の段重、器、徳久利などお作りしました。喜んでいただけたら幸いです。
     
    ― 小澄正雄


    【OVER THE COUNTERのご来店予約について】
    初日・7月29日(金)のみ予約優先制
    予約受付期間:7月22日(金)正午〜7月27日(水)19時

    OVER THE COUNTER ご予約フォーム
    (受付期間中は上記リンクが青色に変わります)

    *上記期間以外の来店予約は不要ですが、混み合う場合は入場制限を行う可能性がございます。
    *京都、福岡の来店予約は不要ですが、混み合う場合は入場制限を行う可能性がございます。
    *展示作品の特性上、小学生以下のお子様連れでのご入店はご遠慮ください。

    TITLE
    小澄正雄 「段重」
    TOKYO
    OVER THE COUNTER
    2022年7月29日(金) — 8月7日(日)/ 11:00 – 19:00
    火曜定休
    KYOTO
    HIN / Arts & Science, Nijodori Kyoto
    2022年8月5日(金) — 8月14日(日)/ 11:00 – 19:00
    火曜定休
    FUKUOKA
    A&S FUKUOKA
    2022年8月11日(木祝) — 8月21日(日)/ 11:00 – 19:00
    火曜定休
    PROFILE
    ガラス作家。1979年熊本県生まれ。富山ガラス造形研究所を卒業後、2005年より富山県にて制作をはじめる。現在は岐阜県に工房を構え、個展を中心に作品を発表。どこか懐かしさを感じさせる薄い緑色のガラス器は、見た目よりかなり薄く軽く仕上げられている。静かで洗練されたさりげないフォルムで、和食との相性も良い。HIN / Arts & ScienceとARTS&SCIENCE福岡に配されたロンデルガラスの製作を手がけた。
    • ※ 詳細は店舗もしくはコンタクトフォームよりお問い合わせください。
    • ※ 品切れによりお求めいただけない場合もございますので、ご了承ください。

    close

  • Jul 1, 22Event
    中村友美 「湯を沸かすオブジェ」

    このたび、金工家・中村 友美の個展をHIN / Arts & Scienceにて7月15日(金)より開催します。ARTS&SCIENCEでは初となる本企画では、作家の制作活動のきっかけとなった作品である薬缶を中心にご覧いただきます。また、過去の作品を持ち主からお借りし、各々の生活で使われ変化した品々も展示します。
    本展示中に「月乃音」渡邊乃月による茶事も開催します。中村友美が制作した道具を用い、丁寧な手摘みによる貴重な台湾原生種茶2種をお楽しみいただきます。合わせて茶葉も販売します。みなさまのご来店をお待ちしております。


    「湯を沸かすオブジェ」
    “湯を沸かす、という行為は原始的な営みだと思っています。
    道具でもあるのだが、道具をとび越えて、火を想起させる象徴のようなもの。湯を沸かす、オブジェのようなもの。それがあることで、何か原始的な、素朴な営み、そして生きることの豊かさをもたらしてくれるもの。
    今回、薬缶と炉の関係性をテーマにそれらの組合せで、湯を沸かすという行為がオブジェのように、テーブルの上、アトリエ、台所、茶室、そして屋外でも、いろいろな場に在り、そして使われる姿をイメージしました。
    どうかたのしんでご覧いただけたら嬉しく思います。”
     
    ― 中村友美


    【本展の来店予約について】
    7月15日(金)、16日(土)の開催初日からの2日間は、混雑を避ける為に完全抽選予約制、7月17日(日)以降はご予約優先にてご案内いたします。下記ご予約方法をご確認の上、お申し込みください。


    【7月15日、16日のご予約方法】
    ご希望のお客様は、下記の予約フォームより、注意事項をご確認の上、受付期間内にお申し込みをお願いいたします。

    予約受付期間:7月5日(火)12:00〜19:00
    *7月15日、16日の予約受付は終了いたしました



    【7月17日以降のご予約方法】
    この期間は予約なしでもご来店いただけますが、予約優先制とさせていただきます。ご予約のないお客様は、混雑状況により入店戴けない可能性もございます。ご希望のお客様は、下記の予約フォームより、注意事項をご確認の上、お申し込みをお願いいたします。

    7月17日以降にご来店を検討されているお客さまへ
    販売作品の数に限りがあり、ご来店いただいた際に全て完売している場合がございます。予めご了承の上、来店予約いただきますようお願いいたします。


    予約受付開始:7月5日(火)正午
      7月17日〜24日 予約フォーム 
    (受付期間中は上記リンクが有効になります)


    【「月乃音茶事」について】
    開催日程:7月17日(日)、18日(月・祝)
    時間:各日 11:00〜、14:00〜 (約1時間)
    茶席料:5,500円(税込)
    予約受付期間:7月7日(木) 12:00〜19:00
    月乃音茶事は抽選予約制とさせていただきます。
    *予約受付は終了いたしました

    TITLE
    中村友美 「湯を沸かすオブジェ」
    DATE
    2022年7月15日(金) — 7月24日(日)/ 11:00 – 19:00
    作家在店日:7月15日、16日、23日、24日
    火曜定休
    SHOP
    HIN / Arts & Science, Nijodori Kyoto
    PROFILE
    金工家。1981年埼玉県生まれ。武蔵野美術大学インテリアデザイン専攻を卒業後、愛知県常滑市に3年間住み、ものづくりと出会う。2008年、東京へ戻りデザイン事務所勤務の傍ら、金工を始める。2012年より奈良へ移住し、本格的に制作を開始する。一枚の金属板を火にかけ、叩き、打ち出しながら形成されるかたちは、道具に留まらぬ佇まいの美しさが感じられ、使い込むほどに魅力が増していく。
    NOTE
    ・ 展示前日の7月14日は準備のため臨時休業となります。
    ・ 17日、18日は茶事開催のため、一部ご覧いただけない展示がございます。予めご了承くださいませ。

    close

  • Jun 29, 22Product
    Home Collection “Crazy Check Linen”

    ARTS&SCIENCEのホームコレクションは「毎日つかう生活の必需品だからこそこだわり抜いたものを」という思いから生まれました。ルームウェアやパジャマのために開発された、オリジナルのリネン生地〈クレイジー チェック リネン〉についてアイテムと共にご紹介します。

    ARTS&SCIENCEのホームコレクションは「毎日つかう生活の必需品だからこそこだわり抜いたものを」という思いから生まれました。ルームウェアやパジャマのために開発された、オリジナルのリネン生地〈クレイジー チェック リネン〉についてアイテムと共にご紹介します。

    SEE MORE

    close

  • Jun 24, 22Event
    R+D.LAB Semi-custom Order Event 2022

    2017年に誕生したイタリアのブランド“R+D.LAB”は、イタリアの伝統的技術とモダンデザインの融合によるグラスウェアを提案しています。このたび、ARTS&SCIENCE代官山と福岡にて、A&S限定カラー“Fog gray”を含む3色のカラフェセットからなるセミカスタムオーダー会を開催します。

    “R+D.LAB”のガラス製品は、モダニズム建築からインスピレーションを得ており、硬質性と耐熱性に優れたホウケイ酸ガラスを用いてハンドメイドで作られています。暮らしの中での様々なシーンで楽しんでいただける機能性とデザイン性を兼ね備えたプロダクトです。

    A&Sでは初となる同ブランドのイベントです。みなさまのご来店をお待ちしております。


    ○ ご注文のお品は、11月下旬から12月上旬頃にお渡しとなる予定です
    ○ 来店予約は不要です
    ○ ご不明点などございましたら、A&S代官山(03-5784-3803)までお気軽にお問い合わせください

    TITLE
    R+D.LAB Semi-custom Order 2022
    TOKYO
    2022年7月1日(金)— 7月10日(日)/ 11:00 – 19:00
    火曜定休
    FUKUOKA
    2022年7月15日(金)— 7月24日(日)/ 11:00 – 19:00
    火曜定休
    PROFILE
    2017年、イタリアで誕生したアールアンドディー ラボ。ジェイ・ヴォッスージが中心となるチームがデザインを手掛け、イタリアの伝統的なモノづくりを行う職人やメーカーが生産を担当している。伝統に裏打ちされたクオリティとモダンなデザインが融合した、これまでにないグラスウェアを世界へ発信している。

    close

  • Jun 23, 22Event
    Behind the Scenes — Lee Gee Jo
  • Jun 21, 22Event
    r a s a i 2022 Summer Collection Pop-up

    インドを拠点に布製品のデザイン、染めや縫製までを一貫して行い、品質と人や環境への配慮に定評があるasiam studio のリニューアルレーベル “r a s a i”。ARTS&SCIENCEは、ファーストコレクションから展開している世界でも数少ない展開ショップです。
    7月1日より新作コレクションをA&S青山、丸の内、京都で展開します。これに先駆け、初展開となるA&S福岡では、6月24日(金)より同ブランドのお披露目兼ねたポップアップイベントを開催。イベント期間中はA&Sで展開予定の全コレクションをご覧いただけます。

    1996年に2人のパートナーによってインドに設立されたasiam studioは、ソフトファーニシングや服飾製品のデザイン、染色から縫製まで、全ての生産過程を一貫して行う会社として、主に欧州の老舗ブランドとのコラボレーション活動を行なってきました。2018年より、同社の原点であったレーベル“r a s a i”のリニューアル展開を創立者デザイナーが始め、2021年からは、限定品創作やコンセプト展開等、多様な活動に専念したいと創立者デザイナーが新しく立ち上げた別会社asiam studio livingで企画を進めています。インドの冬に重宝される、美しく心地良い肌触りの手縫いのベッドキルト“ラザイ”。その普遍的な魅力や裏使い等を意識した仕上げ、年齢や性別、サイズにとらわれることのない自由な可能性を発想の軸に、使い手の暮らしを潤すものづくりを目指し日々活動しています。

    2022 春夏 r a s a i のコレクションでは、同ブランドの新作に加え、ARTS&SCIENCEの希望を反映していただいたアイテムをご紹介します。生地を選び、ステッチ位置や染めの色合いなど細かい調整を経て生まれたA&Sのための品々です。色とりどりのチェック柄の生地・Woven Checksによるジャケットやコート、定番の薄手生地・Mulmulによるリバーシブル仕様のジャケット、ブラウス、ワンピースなど、色鮮やかなアイテムが並びます。

    Woven Checks
    デザイナーが過去に特注で織ってもらい、リミテッドエディションとしての商品開発ができるまで大切に保管していた生地。現在、良質な多色チェック等の手織り生地はカディの需要が増加していることもあり製作が難しくなっている背景が。手織り特有の風合いと、r a s a i 定番のミシン刺し子の表情が特徴的で、仕上げは全て手縫い。ARTS&SCIENCEではコンセプトサンプルから今回4種類の生地と型を選んでいる。

    Mulmul
    r a s a i の原点であるインドのベッドキルト“ラザイ”。綿わたをMulmulと呼ばれる綿生地により優しく包み、手縫いで仕上げられている。Mulmulは歴史的にはインドで最も熟練した織工によって織られている。 “織り風”とも呼ばれ、極薄で柔らかい通気性に優れたほぼ半透明の綿生地。現在はその技術も失われ力織機製が主流で、縫製時には格別の注意と技が必要とされる。今回のr a s a i コレクションでは定番となる二枚重ねのパンツやアンダードレスに加え、ステッチ位置や型、染めの色合わせなど細かい調整を経て生まれたA&Sのための品々が。

    TITLE
    r a s a i 2022 Summer Collection Pop-up
    DATE
    2022年6月24日(金)– 6月27日(月)/11:00〜19:00
    火曜日定休
    SHOP
    A&S FUKUOKA
    PROFILE
    “r a s a i”は冬期のインドに重宝される柔らかなベッドキルトにちなんだもの。裏使いをも意識したキルトの仕上げやその年齢、性別やサイズにとらわれることのない自由な可能性にインスパイアされ、使い手の暮らしを潤し、永く寄り添っていきたいと思っていただける普遍的なものづくりを目指している。ARTS&SCIENCEでは様々なアイテムを不定期で展開中。

    close

  • May 31, 22Event
    山本美文「飾らない暮らし、美しい台所用品」

    絵画的な佇まいやマチエールによる独特の魅力と、道具としての実用的な機能を併せ持った作品を制作する木工作家・山本美文。ARTS&SCIENCEでは初となる企画展を、6月10日より京都・HIN / Arts & Scienceにて開催します。台所用品をテーマにカッティングボードやカトラリー、トレイ、キャリーボックスなど、日々の暮らしが楽しくなるような品々をご覧いただきます。

    加えて、A&Sオーナーであるソニア パークが選んだ古物に、山本美文が銘木による蓋をあしらった新たな作品群「銘木塩壺」も展示します。6月10日、11日の作家在店日には、お客さまがお持ちの蓋が欠けてしまった器物に合わせて蓋を制作する「銘木蓋オーダー会」も開催。(詳細は概要欄参照)
    日常で使える様々な作品や作家とA&Sのコラボレーションによる試みをご紹介する企画展です。みなさまのご来店をお待ちしております。


    “シェーカー様式の家具や木の生活用具を習作する機会があり、その過程において簡素なデザインや秀逸な使い勝手について学ぶことができました。暮らしに必要な生活用品を上手に使いこなすシェーカー教徒の飾らない暮らしぶりにも注目しています。
    「飾らない暮らし」
    「飾らない人柄」
    等身大の自分を守ることや生活に基づいたものづくりの必然性についても考慮しながら、使うほどに愛着の湧く台所用品を製作してみました。

    そもそも 美しいものの形があるわけではなく
    それを美しいと感じる人の心に美は宿るもの
    時を結び
    美を伝承する鍵は
    いつだって
    君の心の中に置かれている”
     
    ― 山本美文

    TITLE
    山本美文「飾らない暮らし、美しい台所用品」
    DATE
    2022年6月10日(金) — 6月19日(日)/ 11:00 – 19:00
    作家在店日:6月10日、11日
    火曜定休
    SHOP
    HIN / Arts & Science, Nijodori Kyoto
    〈銘木蓋オーダー会について〉
    銘木蓋オーダー会はメールでの事前予約制となります。

    ○ 銘木のストック量が限られているため、お一人様1点まで
    ○ 形状は、最大直径15㎝までの円形の蓋のみ
    ○ 素材は陶磁器、木製品、ガラスの3種とし、台所用品用に限定
    ○ 高価な美術品や他作家の器は不可
    ○ 参考価格:10,000〜15,000円程度 (大きさや材質によって異なります)

    【オーダー会のご予約方法】
    下記項目を添えて、HIN / Arts & Scienceのメールアドレスへお送りください。
     -お名前
     -お電話番号
     -ご希望日時 (以下の時間枠よりお選びください)
      11〜13時/13〜15時/15〜17時/17〜19時
     -器のサイズ
     -器の写真(横・真上の2枚)
    ○ 店舗からの返信をもって予約完了となります。
    ○ 予約枠に限りがあるため、先着順とさせていただきます。
    ○ ご希望のお品によっては制作が難しい場合があるため、オーダーをお断りさせていただくことがございます。
    PROFILE
    1959年岡山生まれ。大学卒業後、スキ−の世界から一転して木工の世界へ。長野で木工を学び、木曽に工房を開く。その後故郷である岡山の小さな湾に面した工房に移り、木や漆の作品を製作。2006年には「シェーカー様式に学ぶ」と題した企画展を主催。2013年からは「牛窓クラフト散歩」ディレクターを務めるなど、幅広く活動している。アーツ&サイエンスでは2020年より取り扱いを開始。
    NOTE
    ・ 展示前日の6月9日は準備のため、15時閉店となります
    ・ 本展示は来店予約は不要ですが、万が一混み合う場合は入場制限を行う可能性がございます。
    • ※ 詳細は店舗もしくはコンタクトフォームよりお問い合わせください。
    • ※ 品切れによりお求めいただけない場合もございますので、ご了承ください。

    close

  • May 23, 22Event
    La sedia leggera di Chiavari 〈キアヴァリチェア受注会〉

    イタリア リグーリア海沿岸の小さな町キアヴァリ。この地で19世紀初頭からほぼ変わらぬ製法で作られてきたLa sedia leggeraのキアヴァリチェアを、ARTS&SCIENCEでは2015年よりご紹介しています。この度、新たに届いたモデルを含む全5型7種類のチェアから、お好みの型でカスタマイズいただける受注会を、東京・福岡・京都の順で5月27日(金)より開催します。

    La sedia leggeraのキアヴァリチェアは、少数精鋭の職人を抱える工房で製作されています。木材の削り出し、組み立て、座面の編み込み、塗装に至る全ての工程に職人の技術が詰め込まれており、木材は主にイタリア国内で入手される良質な木が用いられています。最大の特徴は美しいフォルムと驚くべき軽さで、最軽量のモデルで2.9kgほど。女性でも軽々と移動できます。

    本企画では、新たにご用意した1人掛けアームチェアを軸に、全5型7種類のチェアをご紹介します。その中から、お好みの型で素材や塗装、仕上げ、座面の仕様を選んでいただきます。日々の暮らしに馴染み室内空間を豊かにしてくれる優れた椅子は、エイジングを楽しみながら育てていく愉しさもあります。

    ぜひ、キアヴァリチェアの軽さや座り心地を体感しにいらしてください。みなさまのご来店をお待ちしております。

    TITLE
    La sedia leggera di Chiavari 〈キアヴァリチェア受注会〉
    TOKYO
    WHITE BOX (旧SHOES and THINGS)
    2022年5月27日(金) — 6月19日(日)/ 11:00 – 19:00
    火曜定休
    お問合せ先:OVER THE COUNTER
    FUKUOKA
    A&S FUKUOKA
    2022年7月1日(金) — 7月31日(日)/ 11:00 – 19:00
    火曜定休
    KYOTO
    HIN / Arts & Science, Nijodori Kyoto
    2022年8月19日(金) — 9月11日(日)/ 11:00 – 19:00
    火曜定休

    close

  • May 20, 22Event
    FOX UMBRELLAS BY THE COLOUR FOR A&S 2022

      英国老舗ブランド〈FOX UMBRELLAS〉のセミカスタムオーダー会を、ARTS&SCIENCE代官山とARTS&SCIENCE福岡にて開催いたします。

      1868年の創業以来、変わらない手法で職人が作り上げるこの英国傘は、その美しい佇まいと実用性の高さから、世界中で愛され続けています。本イベントでは長傘と折りたたみ傘を対象に、厳選されたハンドル10種類、傘生地(晴雨兼用)とバンドそれぞれ25色から自由に組み合わせたお好みの傘をご注文いただけます。

      傘を持つのが楽しくなるような特別な1本を誂えていただける企画です。A&S福岡では初めての開催となります。みなさまのご来店をお待ちしております。


      ○ ご注文のお品は、12月下旬から1月上旬頃にお渡しとなる予定です
      ○ 来店予約は不要です
      ○ ご不明点などございましたら、A&S代官山(03-5784-3803)までお気軽にお問い合わせください

      TITLE
      FOX UMBRELLAS BY THE COLOUR FOR A&S 2022
      TOKYO
      2022年6月3日(金)— 6月12日(日)/ 11:00 – 19:00
      火曜定休
      FUKUOKA
      2022年6月17日(金)— 6月26日(日)/ 11:00 – 19:00
      火曜定休
      PROFILE
      1868年にトーマス フォックスによりロンドンの金融街 シティで創業。パラシュートの残布のナイロン生地を使用し、世界で初めて化学繊維の傘を開発。傘の元祖として全世界で愛用されている。英国で技術を習得したリペア職人が日本国内におり、ケアしながら永く付き合うことができるもの作りをしている。

      close