Dec 24, 21Event
Fukuoka arrival: Pots from Steve Harrison

*当イベントへのご来店は完全予約制となります。詳細は本文内のご予約方法をご確認ください

陶芸家・Steve Harrisonによる2021年の作品がイギリスから届きました。これらの作品を、2022年1月7日(金)から1月16日(日)にかけてARTS&SCIENCE福岡でご紹介します。2003年のオープン当初から大切に扱いつづけてきたSteveの作品を、福岡をはじめ九州のみなさまに直に触れていただき、その魅力をお伝えします。

窯焼中の作品に塩を噴射することで起きる、釉薬と塩の化学反応を利用した伝統的手法〈ソルトグレーズ〉は、Steve Harrisonの作品に多く用いられています。窯を開けるまでどんな表情になっているのか予測がつかない面白さと、時として素晴らしい模様を生み出すこの手法は、彼のものづくりに欠かせない要素です。この手法がいかされた西洋的かつクラシカルなフォルムを持つ作品と、その人柄により多くのひとを魅了してきたSteve Harrison。ARTS&SCIENCEでは18年に及ぶ彼との関わりのなかで、その年に手がけられる特別な作品をご紹介しつつ、2年に1度のペースで作品展を開催し、多くの方々に彼の作品を見ていただける機会を設けてきました。時には〈BIG IN JAPAN〉のように、オーナーであるソニア パークのアイディアから生まれるシリーズも。それらの魅力を伝える書籍なども制作しています。
(Steve Harrisonの書籍は、A&S ONLINE SELLERでも販売しています)

今回福岡でご覧いただくのは、主に2021年につくられた作品です。全ての作品には制作年号が記されており、彼のアイデンティティを表しています。様々な色とサイズのソルトグレースによるカップやティーポット、ボウルなど、日常の中で楽しめるものを中心に今回も出来栄えの良いものを選んでくれました。ARTS&SCIENCEのためにつくられたスタンダードな作品群をぜひご覧ください。みなさまのご来店をお待ちしております。


ARTS&SCIENCEコレクション
“ティーポット、蓋付きジャー、水差し、ボウル、カップなど、生活のなかで馴染みのあるかたちは、私が陶芸家として生きる意味を思い出させてくれます。私は、制作の中でしばし冒険をしながら芸術的アイデアを探求しますが、いつも実用的なものに立ち戻るのです。何かの儀式や、特別な日のための作品を作る必要はないのだと気づかせてくれます。日常生活に溶け込み、その瞬間を豊かにしてくれるものたち。パンデミックのいま、非日常的なことに触れるのは難しいです。日々のなかでつかう何気ないものの美しさ、その大切さに目を向けるべきだと感じます。
A&Sのために手がけたこの小さな作品群は、まさにこの考えが反映されています。

— Steve Harrison



【ご来店予約について】
本イベントは完全予約制となります。「12月27日(月)午前11時」より、下記予約フォームのリンクが有効になりますので、ご希望のお客様は予約フォームよりお申し込みください。

  A&S FUKUOKA /Steve Harrisonご予約フォーム 

作品のラインナップや詳細に関して、お電話、メールでのお問い合わせはお控えください。
※ご予約がない場合は状況により入店をお待ちいただく場合や、お断りする可能性もございます。予めご了承ください。
※予約内容を送信後、自動返信メールが届きましたらその時点で予約完了となります。
※当日のご来店予約はお手数ですが店舗までお電話にて直接お問い合わせください。
※HP内のコンタクトフォームからご連絡をいただいた場合は無効となります。ご注意ください。

TITLE
Fukuoka arrival: Pots from Steve Harrison
DATE
2022年1月7日(金)– 1月16日(日)/11:00〜19:00
火曜日定休
SHOP
A&S FUKUOKA
PROFILE
スティーブ・ハリソン/ 1967年生まれ。ロイヤルカレッジオブアーツの陶芸修士課程を終了。ロンドン郊外にワークショップと窯を持ち、制作活動を行う。主な代表作には、釉薬に塩を用いたソルトグレーズ手法で陶器や磁器、時にはこの2素材を組み合わせつくられるマグカップやティーポットなど。ARTS&SCIENCEでは2003年から作品を紹介しており、これまで数々の作品展を開催。2019年にはオーナーであるソニア パークのアイディアから生まれた、比率の研究をテーマにした新しい試み〈BIG IN JAPAN〉を発表。
Photos by Richard Cannon