ARTS&SCIENCE

Archives

  • May 20, 22Event
    FOX UMBRELLAS BY THE COLOUR FOR A&S 2022

      英国老舗ブランド〈FOX UMBRELLAS〉のセミカスタムオーダー会を、ARTS&SCIENCE代官山とARTS&SCIENCE福岡にて開催いたします。

      1868年の創業以来、変わらない手法で職人が作り上げるこの英国傘は、その美しい佇まいと実用性の高さから、世界中で愛され続けています。本イベントでは長傘と折りたたみ傘を対象に、厳選されたハンドル10種類、傘生地(晴雨兼用)とバンドそれぞれ25色から自由に組み合わせたお好みの傘をご注文いただけます。

      傘を持つのが楽しくなるような特別な1本を誂えていただける企画です。A&S福岡では初めての開催となります。みなさまのご来店をお待ちしております。


      ○ ご注文のお品は、12月下旬から1月上旬頃にお渡しとなる予定です
      ○ 来店予約は不要です
      ○ ご不明点などございましたら、A&S代官山(03-5784-3803)までお気軽にお問い合わせください

      TITLE
      FOX UMBRELLAS BY THE COLOUR FOR A&S 2022
      TOKYO
      2022年6月3日(金)— 6月12日(日)/ 11:00 – 19:00
      火曜定休
      FUKUOKA
      2022年6月17日(金)— 6月26日(日)/ 11:00 – 19:00
      火曜定休
      PROFILE
      1868年にトーマス フォックスによりロンドンの金融街 シティで創業。パラシュートの残布のナイロン生地を使用し、世界で初めて化学繊維の傘を開発。傘の元祖として全世界で愛用されている。英国で技術を習得したリペア職人が日本国内におり、ケアしながら永く付き合うことができるもの作りをしている。

      close

    • May 16, 22Event
      TENTHOUSANDTHINGS Trunk Show 2022

      サザビーズでのBrilliant&Black:A jewelry Renaissanceにて21人のデザイナーに選出され、ニューヨークメトロポリタン美術館とコラボレートするなど、活動の幅を広げるジュエリーブランドTENTHOUSANDTHINGS。彼らがARTS&SCIENCEのためにセレクトした新作を、5月20日(金)から8月下旬にかけてA&S丸の内、青山、福岡にてご覧いただきます。

      ARTS&SCIENCEでは、Ron AndersonとDavid ReesによるTENTHOUSANDTHINGSの様々な試みをこれまでご紹介してきました。今回のトランクショーでは、サザビーズのプロジェクトで出品されたシャンデリアイアリングをカスタマイズしたものやレアストーンのリングなど、独自のフォルムを持つジュエリーの数々をご覧いただきます。トランクショー開催店の特色に合わせて、ご紹介する品々を変えつつ3店舗を巡回する予定です。

      TENTHOUSANDTHINGSの思う「美しいもの」をクリエイトする源は「素材」と「製作技術」であるとDavid Reesは言います。創作において掲げる信条は、石や地金、本来持っている美しさを決して壊さずにジュエリーとしての美しさを表現するということ。「ワクワクするような満足のいく素材を使うと、その価値は永久に薄れることはなく、それは購入した人も同じように感じると願っています。ジュエリーは身に着ける人に「価値」を与えるものであるべきだと考え、自分たちの思う最高の素材を選び、今までに見たことのない独自性のある美しいものに仕上がることを念頭においています。」と彼らは語っています。

      TITLE
      TENTHOUSANDTHINGS Trunk Show 2022
      TOKYO
      A&S MARUNOUCHI
      2022年5月20日(金) — 6月19日(日)/ 11:00 – 20:00
      TOKYO
      A&S AOYAMA
      2022年7月1日(金) — 7月28日(木)/ 11:00 – 19:00
      火曜定休
      FUKUOKA
      A&S FUKUOKA
      2022年8月5日(金) — 8月28日(日)/ 11:00 – 19:00
      火曜定休
      PROFILE
      Ron Anderson(ロン・アンダーソン)とDavid Rees(デイビッド・リース)が、1991年にNYで立ち上げたジュエリーブランド。ジュエリーは身につける人に「価値」を与えるべきものであるという考えのもと、人の個性が融合することで生まれる独自性のあるジュエリーを手がけている。ARTS&SCIENCEでは長きにわたり展開しており、トランクショーをはじめ各種イベントも行なっている。
      www.tenthousandthingsnyc.com
      NOTE
      混雑状況により入店をお待ちいただく場合や、お断りする可能性もございます。予めご了承ください。
      • ※ 詳細は店舗もしくはコンタクトフォームよりお問い合わせください。
      • ※ 品切れによりお求めいただけない場合もございますので、ご了承ください。

      close

    • May 11, 22Event
      Judy Geib Plus Alpha Trunk Show “Stardust Constellation”

      アメリカのジュエリーブランド Judy Geib Plus Alphaのトランクショーを5月20日(金)よりARTS&SCIENCE青山で開催します。

      自身の美的感覚とハンドメイドでの表現に重点を置き、様々な技法を自由に用いたものづくりをするJudy Geib。「商業的だけど、完全ハンドメイド。いわゆるギャラリーのためのジュエリーではない」と、語る彼女の作品は、多くのひとに身につけてほしいという気持ちが込められています。今回のトランクショーでは、〈Stardust constellation〉をテーマに2022年の新作が集い、新たな提案と共にご紹介する予定です。皆さまのご来店をお待ちしております。


      Stardust Constellation (星団)
      “古代文明は、宇宙の謎を理解することを目的に研究されていました。星がほとんど見えない都市・ニューヨークに住む私にとって、無限の宇宙を想像することは魅力的なことです。宇宙からインスピレーションを得て、宇宙から届いた素材(すべての物質は宇宙から来ました!)を用い、夜空の輝きを想起させるような作品を作りました。”
       
      ― Judy Geib


      【ご来店予約について】
      ご来店は予約優先となりますので、ご希望のお客様は下記リンクをクリックしていただき、ご来店希望日時を『第1希望、第2希望』まで必ず明記の上、お申し込みください。

      A&S AOYAMAのご予約はこちらから
      【受付〆切日時】 5月29日(日)19時

      ※ご予約がない場合は状況により入店をお待ちいただく場合や、お断りする可能性もございます。予めご了承ください。
      ※予約内容を送信後、店舗からの返信メールが届きましたらその時点で予約完了となります。
      ※当日のご来店予約はお手数ですが店舗までお電話にて直接お問い合わせください。
      ※HP内のコンタクトフォームからご連絡をいただいた場合は無効となります。ご注意ください。

      TITLE
      Judy Geib Plus Alpha Trunk Show “Stardust Constellation”
      DATE
      2022年5月20日 (金) – 5月30日 (月) / 11:00 – 19:00
      火曜定休
      SHOP
      PROFILE
      アメリカ・ペンシルバニア出身。幼少期から父の影響で芸術に触れながら育ち、高校生の時に過ごしたブラジルで、現地の文化や宝石の影響を受ける。大学卒業後、様々なものづくりの中で偶然手がけたジュエリー制作に魅了され、独学で技術を高めていき、2002年にバーニーズ・ニューヨークで12点からなるデビューコレクションを発表。ブラジル、コロンビアなどで石を買い付けながら、今日まで様々な作品を生み出している。
      www.judygeib.com
      NOTE
      ブランドの特集記事についてはこちら
      Photos by Dirk Vandenberk
      • ※ 詳細は店舗もしくはコンタクトフォームよりお問い合わせください。
      • ※ 品切れによりお求めいただけない場合もございますので、ご了承ください。

      close

    • Apr 11, 22Event
      KITAWORKS “Glass Cabinet”

      岡山を拠点に、金属を組み合わせた家具を製作する〈KITAWORKS〉。この度、ARTS&SCIENCE初となる展示を4月29日から東京・OVER THE COUNTERで、5月20日から京都・HIN / Arts & Scienceにて開催します。本展示のために調色されたブルーの特注品をはじめ、KITAWORKSの真骨頂ともいえる高度な溶接技術を用いた真鍮製ガラスキャビネットをご紹介します。

      岡山を拠点に、金属を組み合わせた家具を製作する〈KITAWORKS〉。この度、ARTS&SCIENCE初となる展示を4月29日から東京・OVER THE COUNTERで、5月20日から京都・HIN / Arts & Scienceにて開催します。本展示のために調色されたブルーの特注品をはじめ、KITAWORKSの真骨頂ともいえる高度な溶接技術を用いた真鍮製ガラスキャビネットをご紹介します。

      SEE MORE

      close

    • Apr 6, 22Event
      Free week for “Personalization service”

      A&S各店では一年を通して、対象の革小物にお好きなイニシャルを刻印できる<Personalization Service>をご案内しています。

      ギフト需要が高まる母の日や父の日に向けて、下記受付期間内に刻印対象商品をお求めいただいた方へ、通常有料でご案内している本サービスを追加料金なしでご提供します。店頭はもちろん、オンラインストアでお求めの場合にもご利用いただけます。日頃の感謝を込めて大切な方々へのギフトやご自身用にも、どうぞこの機会にご検討ください。

      【概要】※ 店頭・オンラインストア共に
      第一回受付期間:2022年4月8日(金)11時〜4月17日(日)19時
      お引き渡し:2022年5月2日(月)〜

      第二回受付期間:2022年5月20日(金)11時〜5月29日(日)19時
      お引き渡し:2022年6月13日(月)〜

      【注意事項】
      ○ 上記指定の受付期間内に、刻印対象商品を店頭でご購入、またはオンラインストアでご注文いただいた方へのサービスとなります。
      ○ オンラインストアでの受付時間はシステム切り替えの関係上、多少前後する場合がございます。
      ○ 店頭およびオンライン共に対象商品のラインナップが異なります。商品のご確認はご利用の各店舗、またはA&S ONLINE SELLERまでお問い合わせください。
      ○ 過去にご購入いただいた商品への刻印は実店舗でのみ有料(1,650円)でご案内いたします。オンラインストアでは承っておりません。ご了承ください。
      ○ オンラインストアでは、引き渡し日以降順次発送となります。
      ○ 本サービスをご利用いただいた際の交換や返品は一切受け付けることができません。

      TOKYO
      A&S AOYAMA
      &SHOP AOYAMA
      A&S MARUNOUCHI
      A&S DAIKANYAMA
      KYOTO
      A&S KYOTO
      &SHOP KYOTO
      FUKUOKA
      A&S FUKUOKA
      ONLINE
      A&S ONLINE SELLER
      • ※ 詳細は店舗もしくはコンタクトフォームよりお問い合わせください。
      • ※ 商品在庫には限りがございます。品切れによりお求めいただけない場合もございますので、予めご了承ください。

      close

    • Mar 25, 22Event
      Peter Ivy “Positive Space”

      ガラス作家 ピーター・アイビーの企画展を、東京・京都・福岡のARTS&SCIENCEのショップ3ヶ所で開催します。本展示にて初のお披露目となる「Positive Space」。従来のイメージとは異なる、作家の新境地とも言える作品の世界観を皆さまにご覧いただきます。

      本展示での新作発表に向けて、たくさんの試みを試したというピーター・アイビー。「Positive Space」はその中のひとつで、素材の研究、幾多の実験を重ねた末に生まれた花器のシリーズです。この花器と共に従来の淡いグレーの作品群も並びますので、そのコントラストの違いを楽しんでいただきます。新作のお重もご紹介します。

      この季節にふさわしいカラフルな新作と、常設ではご紹介していない作品をご覧いただける貴重な機会です。皆さまのご来店をお待ちしております。

      福岡での企画展初日の5月13日(金)にガラス作家 ピーター・アイビーが在店することとなりました。当日17時よりレセプションパーティーを開催します。作家本人と直接お話しいただける嬉しい機会です。ぜひお運びください。


      Positive Space
      “日本の「間(ま)」という言葉は、英語で「Negative Space ・何もない空間」と訳します。私は長い間、淡いグレイで作品を作っていますが、それはとても中性的で落ち着いていて、物が入ることにより背景にもなる。「間」を表現するのが得意な素材だと思います。
      今回の新しい作品は、淡いグレイとは対照的で自らの存在を主張している、言わば「Positive Space」。Positive! これらはカラフルで単純に楽しいです。制作はいつにも増して難しく、集中力が必要で、私にとって決して楽しいだけではありませんが。
      もう一つの Positive Space の由来は、自分の部屋に置くと少し気分が上がり、明るくなる。Positive な Space になることからです。
      最近は特に、新型コロナウイルスのパンデミックや戦争、地球温暖化など、将来に少し暗さを感じるような出来事が起こっている時期です。そんな中にあって、私も自然と自分の家のダイニングチェアに赤色を選んでいたりするので、作品にも反映されたのかもしれませんね。
       
      ― ピーター・アイビー


      【ご来店予約/本展示に関する注意点】
      ○ 店舗により、ご予約の条件や会期が異なります。ご来店希望店舗の詳細を事前に必ずご確認下さい。
      ○ 状況によりご購入点数制限を設けさせていただく場合がございます。
      ○ ご予約がない場合は、状況により入店をお待ちいただく、お断りする可能性もございます。
      ○ 展示作品の特性上、小学生以下のお子様連れでのご入店はご遠慮ください。

      【ご来店予約について】
      ○ 予約受付開始時刻はシステムの関係上、多少前後する場合がございます。
      ○ 予約受付開始時刻より、ご予約フォームのリンクが有効となります。
      ○ 当日のご来店予約はお手数ですが店舗までお電話にて直接お問い合わせください。
      ○ 予約内容を送信後、自動返信メールが届きましたらその時点で予約完了となります。
      ○ HP内のコンタクトフォームからご連絡をいただいた場合は無効となります。ご注意ください。

      <ARTS&SCIENCE 福岡>
      5月13日(金)*〜15日(日):完全予約制
      *企画展初日の5月13日(金)にガラス作家 ピーター・アイビーが在店することとなりました。当日17時よりレセプションパーティーを開催します。
      ○ レセプションパーティーはご予約不要にてご入場いただけます
      ○ 混雑時は入場制限を行う場合があります


      5月16日(月)〜:予約優先制
      予約受付開始:5月6日(金)正午
      ARTS&SCIENCE 福岡 ご予約フォーム

      TITLE
      Peter Ivy “Positive Space”
      TOKYO
      OVER THE COUNTER
      2022年4月9日(土) — 4月11日(月)/ 11:00 – 19:00
      火曜定休
      KYOTO
      HIN / Arts & Science, Nijodori Kyoto
      2022年4月29日(金) — 5月8日(日)/ 11:00 – 19:00
      火曜定休
      FUKUOKA
      A&S FUKUOKA
      2022年5月13日(金) — 5月22日(日)/ 11:00 – 19:00
      火曜定休
      PROFILE
      ガラス作家。日本の富山県に工房「流動研究所」を構え、アート作品から普段使いのものまで幅広く制作。「使うことにより、その作品の美しさが完成するものをつくりたい」というコンセプトのもと、繊細な佇まいでありながら、あたたかく、実用性にも優れた作品を作り出している。様々なシーンに自然と馴染むガラス作品は、色の調和を楽しめる薄い中間色が印象的。2012年よりARTS&SCIENCEで取り扱いを開始。
      • ※ 詳細は店舗もしくはコンタクトフォームよりお問い合わせください。
      • ※ 品切れによりお求めいただけない場合もございますので、ご了承ください。

      close

    • Mar 16, 22Event
      muska “To see a Heaven in a Wild Flower”

      *当イベントへのご来店は予約優先制となります。詳細は本文内のご予約方法をご確認ください

      2022年3月25日(金)から4月24日(日)にかけて、日本のジュエリーブランドmuskaのトランクショーをARTS&SCIENCE 福岡で開催します。トルコ語で“おまもり”を意味するmuska。「身につける人にとって小さな同志であれ」という想いを込め、ひとつずつ手作業でつくられる同ブランドのジュエリーを福岡で初めてご紹介します。

      本企画では、庭と花園をテーマに、その場に咲き誇る植物や集う動物たちを想像してデザインされた新作をお披露目します。アリゾナをはじめ、世界中から集まった色とりどりの宝石を用い、植物や花をモチーフにしたコレクションです。「コロナ禍のいま、春の訪れを喜びつつ心が和らぐようなジュエリーを」というデザイナーの想いが込められたmuskaのジュエリーをぜひご覧ください。



      【ご来店予約について】
      ご来店は予約優先となりますので、ご希望のお客様は下記予約フォームよりお申し込みください。

        ARTS&SCIENCE 福岡 ご来店予約フォーム
      【受付〆切日時】 4月23日(土)19時

      ※ご予約がない場合は状況により入店をお待ちいただく場合や、お断りする可能性もございます。予めご了承ください。
      ※予約内容を送信後、自動返信メールが届きましたらその時点で予約完了となります。
      ※当日のご来店予約はお手数ですが店舗までお電話にて直接お問い合わせください。
      ※HP内のコンタクトフォームからご連絡をいただいた場合は無効となります。ご注意ください。

      TITLE
      muska “To see a Heaven in a Wild Flower”
      DATE
      2022年3月25日(金)– 4月24日(日)/11:00〜19:00
      火曜日定休
      SHOP
      A&S FUKUOKA
      PROFILE
      祈りの国であるトルコの自然や文化、色彩からインスピレーションを得て、一点一点ハンドメイドにより創作される〈muska〉。ブランド名はトルコ語で“おまもり”を意味し、身につけた人の“道しるべ”となって欲しいという、デザイナーの想いが込められている。
      www.muska.jp

      close

    • Mar 1, 22Event
      Mariko Tsuchiyama Trunk Show

      2022年3月4日(金)から31日(木)にかけて、ジュエリーブランド・Mariko TsuchiyamaのトランクショーをARTS&SCIENCE 丸の内で開催します。パールを軸に表現される同ブランドの世界感をぜひご覧ください。

      2022年3月4日(金)から31日(木)にかけて、ジュエリーブランド・Mariko TsuchiyamaのトランクショーをARTS&SCIENCE 丸の内で開催します。パールを軸に表現される同ブランドの世界感をぜひご覧ください。

      SEE MORE

      close

    • Feb 18, 22Event
      IFUJI 展示販売会

      木工作家・井藤昌志氏のブランド「IFUJI」による展示販売会を、東京・OVER THE COUNTERと京都・HIN / Arts & Science, Nijodori Kyotoにて開催します。

      本企画では、以前のARTS&SCIENCEでの展示会限定で販売し好評を博した、Delmer タイプ、リムボックスなどのオーバルボックスとテーブルウェアを中心にご紹介します。そして、初披露となる新作・トイレットペーパーボックスや、これまでご紹介していなかったイタリアンラウンドトレイといった品々も並ぶ予定です。

      「IFUJI」の木工品は、生活の中で本当に必要とされるものを、という思いのもと、大きな木材を丁寧に削り手作業で仕上げられています。代表作のオーバルボックスとともに、その手仕事の真髄をご覧いただければ幸いです。


      【OVER THE COUNTERのご来店予約】
      2月23日〜27日の5日間は〈完全予約制〉となります。「2月21日(月)正午」より、下記予約フォームのリンクが有効になりますので、ご希望のお客様は予約フォームよりお申し込みください。2月28日からはご予約無しでもご来店いただけます。

        OVER THE COUNTER ご予約フォーム 


      【HIN / Arts & Scienceのご来店予約】
      全日程〈予約優先制〉となります。「3月1日(火)正午」より、下記予約フォームのリンクが有効になりますので、ご希望のお客様は予約フォームよりお申し込みください。

        HIN / Arts & Science ご予約フォーム 


      【ご来店予約/本展示に関する注意点】
      ○ 本イベントは、店舗によりご来店予約の受付状況が異なりますのでご注意下さい。
      ○ ご予約がない場合は状況により入店をお待ちいただく場合や、お断りする可能性もございます。
      ○ 予約内容を送信後、自動返信メールが届きましたらその時点で予約完了となります。
      ○ 当日のご来店予約はお手数ですが店舗までお電話にて直接お問い合わせください。
      ○ HP内のコンタクトフォームからご連絡をいただいた場合は無効となります。ご注意ください。
      ○ 作品のラインナップや詳細に関して、お電話、メールでのお問い合わせはお控えください。
      ○ 本展示会においては、オーダーは一切お受けできません。販売品のみのご用意となります。
      ○ 会期途中でも作品がなくなり次第、展示を終了とさせていただく場合がございます。予めご了承下さい。

      TITLE
      IFUJI 展示販売会
      TOKYO
      OVER THE COUNTER
      2022年2月23日(水・祝) — 3月7日(月)/ 11:00 – 19:00
      火曜定休
      KYOTO
      HIN / Arts & Science, Nijodori Kyoto
      2022年3月11日(金) — 3月27日(日)/ 11:00 – 19:00
      火曜定休
      PROFILE
      木工作家、井藤昌志による工芸ブランド。「木」という素材と向き合い、妥協のないものづくりを通して、世紀を超えて長く愛される製品を追求している。長野県松本市に工房を構え、衣食住のものを集めたカフェ・ショップ・ギャラリーの「ラボラトリオ」も運営している。2013年よりARTS&SCIENCEで取り扱いを開始。昨今では年に1回のペースで企画展をおこなう。
      • ※ 詳細は店舗もしくはコンタクトフォームよりお問い合わせください。
      • ※ 品切れによりお求めいただけない場合もございますので、ご了承ください。

      close

    • Jan 14, 22Event
      Kazumi Tsuji + factory zoomer “Sunny & Cloudy”

      <本展示のアポイントメントに関して>
      本展はご予約満了のため、全日程の受付を終了いたしました。ご了承ください。
      なお現在、多数のお問合せを頂戴しております。恐れ入りますが、以下内容をご確認ください。

      ・ご予約満了となりましたので、【全日程 完全予約制】でのご対応とさせていただきます。
      ・ご予約以外のお客様はご入店いただけません。また、店舗の前でお並びいただくことはご遠慮願います。
      ・ご予約のキャンセル待ちはお受けしておりません。
      ・事前の展示内容に関してのお問い合わせはご遠慮ください。
      ・ご予約が完了している場合には、完了メールを配信しております。メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。そちらにも届いていなければ、ご予約は完了しておりません。



      ガラス作家・辻和美の展覧会を、2022年1月21日(金)から1月30日(日)にかけてOVER THE COUNTERで開催します。テーマはSunny & Cloudy。昨年、factory zoomerでの同展で発表された「ms.garden」の新作を軸に様々な作品をご紹介します。

      「ms.garden」は、身近な自然やものごとに目が向きやすいコロナ禍のいま、心踊るような作品を、という作家の思いから生まれました。ガラス面にカットとエナメルで植物や蝶を描いたシリーズで、本展では新しく乳白色のボディで表現されています。
      今年初となる展覧会です。ぜひお運びください。


      Sunny & Cloudy
      “「Life has its sunshine and its rain, its days and its nights its peaks and its valleys.―人生には晴れもあれば雨もある。昼もあれば夜もある、山もあれば谷もある」
      これは、幼い頃、ベッドの中でかぶりついて読んだスヌーピーの漫画からの言葉である。つまり生きていれば楽しい日も辛い日もあるもんだ。という意味なのだが、そんなことは、何度となく聞かされてきて、わかっているのだが、コロナ禍では、こんな当たり前の言葉が幾度となく浮かんできた。
      外にばかり目が向いていた私にいきなりのパンデミック。しばらくは、自分自身もドキドキが止まらず、途方に暮れていたが、2年めになると、家と工房、そして家のまわりの畑や小道を散歩する日々の中にいろいろな発見や楽しみを見つけれるようになった。放っておくとすぐ伸びる雑草、どんどん背が高くなってしまう紫陽花、畑のキャベツの中を舞う紋白蝶など、毎年同じような景色を見せてくれる。この2年ですっかり変わってしまった人間社会に対して、どこ吹く風としっかりと根をおろすものたち。今必要なのはそんなことかもしれない。お天気だったり、庭の植物、動物たちのことなど、私がこの日々の暮らしで見つけて感じた、とても個人的な思いをグラスの上に綴ってみた。慣れない制作ではあったが、それはそれで、私自身の良い記録になった。ひとりでも多くの方と共感できるようなら、そんな幸せなことはない。
      今日も晴れのち曇りで少し雨。”
       
      ― 辻和美


      【ご来店予約について】ご予約満了のため受付終了
      1月17日(月)午前12時(正午)」より、下記予約フォームのリンクが有効になりますので、ご希望のお客様は予約フォームよりお申し込みください。

      TITLE
      Kazumi Tsuji + factory zoomer “Sunny & Cloudy”
      DATE
      2022年1月21日(金) – 1月30日(日)/12:00〜19:00
      火曜日定休
      SHOP
      OVER THE COUNTER
      NOTE
      イベント設営のため、1月20日(木)は17時閉店となります。
      PROFILE
      辻 和美/ガラス作家、美術家。1964年石川県に生まれる。カリフォルニア美術大学卒業後、金沢卯辰山工芸工房ガラス工房専門員を勤め、1999年にガラス工房「factory zoomer」を設立。ガラス器の新しいスタンダードを目指し、制作に従事している。2005年には「factory zoomer/shop」をオープン。2010年に生活工芸プロジェクトのチーフディレクターを務めるなど、既成のジャンルにこだわらず、独自のスタイルで活動する。2012年よりARTS&SCIENCEで取り扱いを開始。
      • ※ 詳細は店舗もしくはコンタクトフォームよりお問い合わせください。
      • ※ 品切れによりお求めいただけない場合もございますので、ご了承ください。

      close

    • Dec 24, 21Event
      Fukuoka arrival: Pots from Steve Harrison

      *当イベントへのご来店は完全予約制となります。詳細は本文内のご予約方法をご確認ください

      陶芸家・Steve Harrisonによる2021年の作品がイギリスから届きました。これらの作品を、2022年1月7日(金)から1月16日(日)にかけてARTS&SCIENCE福岡でご紹介します。2003年のオープン当初から大切に扱いつづけてきたSteveの作品を、福岡をはじめ九州のみなさまに直に触れていただき、その魅力をお伝えします。

      窯焼中の作品に塩を噴射することで起きる、釉薬と塩の化学反応を利用した伝統的手法〈ソルトグレーズ〉は、Steve Harrisonの作品に多く用いられています。窯を開けるまでどんな表情になっているのか予測がつかない面白さと、時として素晴らしい模様を生み出すこの手法は、彼のものづくりに欠かせない要素です。この手法がいかされた西洋的かつクラシカルなフォルムを持つ作品と、その人柄により多くのひとを魅了してきたSteve Harrison。ARTS&SCIENCEでは18年に及ぶ彼との関わりのなかで、その年に手がけられる特別な作品をご紹介しつつ、2年に1度のペースで作品展を開催し、多くの方々に彼の作品を見ていただける機会を設けてきました。時には〈BIG IN JAPAN〉のように、オーナーであるソニア パークのアイディアから生まれるシリーズも。それらの魅力を伝える書籍なども制作しています。
      (Steve Harrisonの書籍は、A&S ONLINE SELLERでも販売しています)

      今回福岡でご覧いただくのは、主に2021年につくられた作品です。全ての作品には制作年号が記されており、彼のアイデンティティを表しています。様々な色とサイズのソルトグレースによるカップやティーポット、ボウルなど、日常の中で楽しめるものを中心に今回も出来栄えの良いものを選んでくれました。ARTS&SCIENCEのためにつくられたスタンダードな作品群をぜひご覧ください。みなさまのご来店をお待ちしております。


      ARTS&SCIENCEコレクション
      “ティーポット、蓋付きジャー、水差し、ボウル、カップなど、生活のなかで馴染みのあるかたちは、私が陶芸家として生きる意味を思い出させてくれます。私は、制作の中でしばし冒険をしながら芸術的アイデアを探求しますが、いつも実用的なものに立ち戻るのです。何かの儀式や、特別な日のための作品を作る必要はないのだと気づかせてくれます。日常生活に溶け込み、その瞬間を豊かにしてくれるものたち。パンデミックのいま、非日常的なことに触れるのは難しいです。日々のなかでつかう何気ないものの美しさ、その大切さに目を向けるべきだと感じます。
      A&Sのために手がけたこの小さな作品群は、まさにこの考えが反映されています。

      — Steve Harrison



      【ご来店予約について】
      本イベントは完全予約制となります。「12月27日(月)午前11時」より、下記予約フォームのリンクが有効になりますので、ご希望のお客様は予約フォームよりお申し込みください。

        A&S FUKUOKA /Steve Harrisonご予約フォーム 

      作品のラインナップや詳細に関して、お電話、メールでのお問い合わせはお控えください。
      ※ご予約がない場合は状況により入店をお待ちいただく場合や、お断りする可能性もございます。予めご了承ください。
      ※予約内容を送信後、自動返信メールが届きましたらその時点で予約完了となります。
      ※当日のご来店予約はお手数ですが店舗までお電話にて直接お問い合わせください。
      ※HP内のコンタクトフォームからご連絡をいただいた場合は無効となります。ご注意ください。

      TITLE
      Fukuoka arrival: Pots from Steve Harrison
      DATE
      2022年1月7日(金)– 1月16日(日)/11:00〜19:00
      火曜日定休
      SHOP
      A&S FUKUOKA
      PROFILE
      スティーブ・ハリソン/ 1967年生まれ。ロイヤルカレッジオブアーツの陶芸修士課程を終了。ロンドン郊外にワークショップと窯を持ち、制作活動を行う。主な代表作には、釉薬に塩を用いたソルトグレーズ手法で陶器や磁器、時にはこの2素材を組み合わせつくられるマグカップやティーポットなど。ARTS&SCIENCEでは2003年から作品を紹介しており、これまで数々の作品展を開催。2019年にはオーナーであるソニア パークのアイディアから生まれた、比率の研究をテーマにした新しい試み〈BIG IN JAPAN〉を発表。
      Photos by Richard Cannon

      close

    • Dec 9, 21Event
      TENTHOUSANDTHINGS Trunk Show

      アメリカ・NYを拠点に活動するジュエリーブランド、TENTHOUSANDTHINGS。ARTS&SCIENCEでは、これまで彼らの作品や取り組みをご紹介してきました。今年も彼らのセレクトによる新しいコレクションが届きます。12月10日(金)から年始にかけてARTS&SCIENCE丸の内にてぜひご覧ください。

      今回は、ブランド初期の頃からつくられているBEADSコレクションをはじめ、買い付けた原石を、生命が感じられるような丸みのあるフォルムにハンドカットしたFetched stoneコレクション、彫刻的な技法が用いられたsculptureコレクションなどで構成されます。また、Waterfallと名付けられ、滝から水が溢れてくるように希少な石があしらわれた1点もののネックレスもご紹介します。TENTHOUSANDTHINGSのものづくり、その世界観を堪能いただける企画です。

      デザイナーの2人にとっては、日本はどこよりも大好きな国だそうです。「わび・さび」をはじめとした日本独自の文化に影響を受けながら制作活動をしていることもあり、来日することを夢見ていました。残念ながら今の状況ではままならず「いつかまた別の機会に、日本のお客さまに会えることを楽しみにしています」というメッセージが届きました。

      みなさまのご来店をお待ちしております。


      【ご来店予約について】
      ご来店は予約優先となりますので、ご希望のお客様は下記リンクをクリックしていただき、ご来店希望日時を『第1希望、第2希望』まで必ず明記の上、お申し込みください。

      A&S MARUNOUCHIのご予約はこちらから
      【受付〆切日時】 1月9日(日)20時

      ※ご予約がない場合は状況により入店をお待ちいただく場合や、お断りする可能性もございます。予めご了承ください。
      ※予約内容を送信後、店舗からの返信メールが届きましたらその時点で予約完了となります。
      ※当日のご来店予約はお手数ですが店舗までお電話にて直接お問い合わせください。
      ※HP内のコンタクトフォームからご連絡をいただいた場合は無効となります。ご注意ください。

      TITLE
      TENTHOUSANDTHINGS Trunk Show
      DATE
      2021年12月10日(金) – 1月10日(月・祝)/11:00〜20:00
      <年末年始営業>
      12月31日 11:00〜19:00(短縮営業)
      1月1日 新丸ビル休館日
      1月2日 10:00〜20:00(前倒し営業)
      SHOP
      A&S MARUNOUCHI
      PROFILE
      Ron Anderson(ロン・アンダーソン)とDavid Reese(デイビッド・リース)が、1991年にNYで立ち上げたジュエリーブランド。ジュエリーは身につける人に「価値」を与えるべきものであるという考えのもと、人の個性が融合することで生まれる独自性のあるジュエリーを手がけている。ARTS&SCIENCEでは長きにわたり展開しており、トランクショーをはじめ各種イベントも行なっている。
      www.tenthousandthingsnyc.com
      • ※ 詳細は店舗もしくはコンタクトフォームよりお問い合わせください。
      • ※ 品切れによりお求めいただけない場合もございますので、ご了承ください。

      close

    • Nov 30, 21Event
      William Welstead Trunk Show 2021

      今年もARTS&SCIENCE 青山と京都にて、William Welsteadのトランクショーを開催します。

      今回のトランクショーでも、稀有なダイヤモンドを用いたリングやピアス、ネックレスをはじめとした新作のジュエリーをご紹介します。また、別注のプラチナやゴールドの特別なチェーンを用意し、新作ネックレスのチャームが付け替えられるという新しい試みも。

      2021年の新作が集い、新たな提案とともにお楽しみいただけるWilliam Welsteadのトランクショーです。皆さまのご来店をお待ちしております。

      昨年に引き続き、今年も友人やお客さまに会いに日本に行くことが叶いませんでしたが、ARTS&SCIENCEのために、ささやかですが新作コレクションを用意しました。 私は長い間、完璧なチェーンを追い求めてきました。今回のコレクションでは、好みの長さでオーダーできる、ハンドメイドのプラチナとゴールドのチェーンをご紹介します。 私は、これらのチェーンを珍しいダイヤモンドブリオレットやペンダントと組み合わせるのが好きです。さらに、色付きのオールドカットダイヤモンドを使用した新作リングと、マリーンオイスターからとれる、自然に形成された美しいケシパールイヤリングもあります。来年こそ来日し、皆さまに会えることを心から願っています。” — William Welstead


      【ご来店予約について】
      ご来店は予約優先となりますので、ご希望のお客様は下記リンクをクリックしていただき、ご来店希望日時を『第1希望、第2希望』まで必ず明記の上、お申し込みください。

      東京・A&S AOYAMAのご予約はこちらから
      【受付〆切日時】 12月5日(日)19時

      京都・A&S KYOTOのご予約はこちらから
      【受付〆切日時】 12月12日(日)19時

      ※ご予約がない場合は状況により入店をお待ちいただく場合や、お断りする可能性もございます。予めご了承ください。
      ※予約内容を送信後、店舗からの返信メールが届きましたらその時点で予約完了となります。
      ※当日のご来店予約はお手数ですが店舗までお電話にて直接お問い合わせください。
      ※HP内のコンタクトフォームからご連絡をいただいた場合は無効となります。ご注意ください。

      TITLE
      William Welstead Trunk Show 2021
      TOKYO
      A&S AOYAMA
      2021年12月3日(金) – 12月6日(月)/11:00〜19:00
      火曜日定休
      KYOTO
      A&S KYOTO
      2021年12月10日(金) – 12月13日(月)/11:00〜19:00
      火曜日定休
      • ※ 詳細は店舗もしくはコンタクトフォームよりお問い合わせください。
      • ※ 品切れによりお求めいただけない場合もございますので、ご了承ください。

      close

    • Nov 24, 21Event
      「関健一」 作品展

      *当イベントへのご来店は予約優先制となります。詳細は本文内のご予約方法をご確認ください

      木漆工芸作家・関健一の作品展をHIN / Arts & Science, Nijodori Kyotoで開催します。

      日本や朝鮮の古物を好み、それらに倣い作られた形は素朴で力強さがありながらも、古いものとは異なる魅力がある関健一の器たち。分業体制が主流となる輪島では珍しく、木地から漆塗りまでを一貫して自身で行い制作されるため、彫り跡や形、塗りの具合など、隅々まで作家の想いが反映されています。作品には、木の塊から削り出し形を作る刳物(くりもの)という技術が用いられ、この技法でしか生み出せない形の木地に、拭漆などの木目が透けるような塗りを施し、木そのものの魅力や面白さを生かしながら作られます。

      2020年にHINで開催された独立後初となる個展以降、約2年ぶりとなる本展では、伝統的な日本の形である州浜(すはま)の小皿、盆、蓋物を中心に、飾り棚や普段使いの器・茶托等様々な品々をご紹介いたします。この機会に是非手にとってご覧ください。皆様のご来場をお待ちしております。


      初個展から1年と10ヶ月
      初日を迎えるまで落ち着きを隠せぬ不安と、少しの期待が葛藤する波に押しつぶされそうだった日々を思い返しながら制作しました。
      素材の巡り合いや技術の向上とサポートくださる方などによって、作品が徐々に改良や変化へと積み重なっていく事に喜びを感じながら手を動かしています。
      ” — 関健一


      【ご来店予約について】
      ご来店は予約優先となりますので、ご希望のお客様は下記予約フォームよりお申し込みください。

        HIN / Arts & Scienceご来店予約フォーム
      【受付〆切日時】 12月11日(土)19時

      ※ご予約がない場合は状況により入店をお待ちいただく場合や、お断りする可能性もございます。予めご了承ください。
      ※予約内容を送信後、自動返信メールが届きましたらその時点で予約完了となります。
      ※当日のご来店予約はお手数ですが店舗までお電話にて直接お問い合わせください。
      ※HP内のコンタクトフォームからご連絡をいただいた場合は無効となります。ご注意ください。

      TITLE
      「関健一」 作品展
      DATE
      2021年12月3日(金) – 12月12日(日)/12:00〜19:00
      作家在廊:12月3日(金)〜5日(日)
      火曜日定休
      SHOP
      HIN / Arts & Science, Nijodori Kyoto
      PROFILE
      木漆工芸作家。1982年大阪府和泉市生まれ。大学時代に恩師が携わっていた李朝木工の仕事がきっかけで、工芸に触れる。卒業後、木工芸家・藤嵜一正氏に師事。2012年に塗師・赤木明登氏に師事し、2019年に独立。輪島市で制作活動を行う。様々な師や古物から学び、木地から漆塗りまでを自身で一貫して手がけることで生まれる独自の魅力を備えた作品を手がける。2020年に木漆工芸作家として初めての展覧会をARTS&SCIENCEで開催。
      • ※ 詳細は店舗もしくはコンタクトフォームよりお問い合わせください。
      • ※ 品切れによりお求めいただけない場合もございますので、ご了承ください。

      close

    • Nov 8, 21Event
      飯島正章 展示販売会

      2021年11月11日(木)より、竹工作家・飯島正章による竹籠バッグの展示販売会をA&S AOYAMAにて開催いたします。

      飯島正章は長野県で制作を続け、竹を採るところから編むまでを一貫して自身で行っており、A&Sでは2019年より取り扱いがスタートいたしました。本企画では、草木染めで染められた竹ひごを伝統的な技法を用い緻密に編まれた籠に、A&Sの生地を内布に使用した1点もののコラボレーションバッグをご紹介いたします。


      【ご来店予約について】
      ご来店は予約優先となりますので、ご希望のお客様は下記リンクをクリックしていただき、ご来店希望日時を『第1希望、第2希望』まで必ず明記の上、お申し込みください。

      ご予約はこちらから
      【受付〆切日時】 11月16日(火)19時

      ※ご予約がない場合は状況により入店をお待ちいただく場合や、お断りする可能性もございます。予めご了承ください。
      ※予約内容を送信後、店舗からの返信メールが届きましたらその時点で予約完了となります。
      ※当日のご来店予約はお手数ですが店舗までお電話にて直接お問い合わせください。
      ※HP内のコンタクトフォームからご連絡をいただいた場合は無効となります。ご注意ください。

      TITLE
      飯島正章 展示販売会
      DATE
      2021年11月11日(木) – 11月17日(水)/11:00〜19:00
      火曜日定休
      SHOP
      A&S AOYAMA
      PROFILE
      飯島正章/竹工作家。長野県木曽郡にある材木産業が盛んな上松町に工房を構え、山での竹伐りからヒゴ作り、草木による染めなども含めすべて自身で行う。道具として使えるものを、さらに美術的に高めていきたいという思いのもと、じっくりと材と向き合い、網代編みや鎧挿しといった伝統的かつ高度な技法を用いて制作活動を営んでいる。
      www.bambooworkskann.com
      • ※ 詳細は店舗もしくはコンタクトフォームよりお問い合わせください。
      • ※ 品切れによりお求めいただけない場合もございますので、ご了承ください。

      close

    • Oct 21, 21Event
      鎌田奈穂 “Blue”

      *当イベントへのご来店は予約優先制となります。詳細は本文内のご予約方法をご確認ください

      金工師・鎌田奈穂の作品展を東京・OVER THE COUNTERで開催します。

      全ての工程を手作業でおこなう鎌田奈穂の制作は、金属を槌で叩き、感触を確かめながら進められます。完成した作品は金属でありながらもたおやかさが感じられ、優しく手に馴染みます。本展ではシルバーを用いた作品を中心に、カトラリーやコップ、皿などをご紹介する予定です。

      鎌田奈穂が手がける、柔らかく使い手に寄り添う器の数々をぜひご覧ください。

      薄暗い夜明けの海の静けさと、お日様が昇る穏やかな暖かさの中に在る青。今の世界の現状からわずかな光を見つめてという思いも含め今回の制作が始まりました。日々使うものだからこそ大切に出来るものを、そう想いながら作ります。 ― 鎌田奈穂


      【ご来店予約について】
      ご来店は予約優先となりますので、ご希望のお客様は下記予約フォームよりお申し込みください。
        OVER THE COUNTERご来店予約フォーム 
      【受付〆切日時】 11月14日(日)19時

      ※ご予約がない場合は状況により入店をお待ちいただく場合や、お断りする可能性もございます。予めご了承ください。
      ※予約内容を送信後、自動返信メールが届きましたらその時点で予約完了となります。
      ※当日のご来店予約はお手数ですが店舗までお電話にて直接お問い合わせください。
      ※HP内のコンタクトフォームからご連絡をいただいた場合は無効となります。ご注意ください。

      TITLE
      鎌田奈穂 “Blue”
      DATE
      2021年11月3日(水) – 11月15日(月)/12:00〜19:00
      火曜日定休
      SHOP
      OVER THE COUNTER
      PROFILE
      鎌田奈穂/金工師。1982年熊本生まれ。2005年長谷川竹次郎に師事し、茶道具をはじめとする金工の仕事を学ぶ。2008年に独立。繊細な細工が施された作品からは、手仕事の丁寧さと凛とした強さが感じられる。純銀や真鍮を素材に用いた器やカトラリー、オブジェなど、様々な国の古いものからインスピレーションを得て制作を行っている。
      nahokamada.com
      • ※ 詳細は店舗もしくはコンタクトフォームよりお問い合わせください。
      • ※ 品切れによりお求めいただけない場合もございますので、ご了承ください。

      close

    • Oct 13, 21Event
      『木村硝子店 木勝シリーズ』 販売会 at HIN / Arts & Science

      *当イベントへのご来店は予約優先制となります。詳細は本文内のご予約方法をご確認ください

      現在、京都・HIN / Arts & Scienceにて、ガラスのテーブルウェアを製造・提案する木村硝子店が誇る「木勝シリーズ」の販売会を開催しています。

      明治43年に創業した木村硝子店は、職人や工場と連携しながら、ガラス製品を製造販売する老舗のメーカーです。創業以来、工場を持たないメーカーというスタイルを貫いています。開発に専念することで、量産ができるプロダクトの良さを生かした、高品質かつ洗練された製品を提供しています。デザイナーや料理人とのコラボレーションも積極的におこない、中には美術館に収蔵されるものも。そんな魅力ある製品を生み出すものづくりを支えているのが、日本や海外にあるガラス工場です。それぞれの工場の技術や得意分野を把握し、デザインやシリーズによって依頼先が異なるそうです。

      今回、HIN / Arts & Scienceでは、数あるシリーズの中から「木勝シリーズ」をご紹介しています。ステム付きのグラスから、タンブラー、オールド、ショットグラスまでが揃うこのシリーズは、木村硝子店がそれまで集めていたヨーロッパのアンティークグラスをデザインソースとして、1994年に生まれました。今では約130種類にもなる切子のシリーズに。全て日本のガラス職人によるハンドメイドで、切子は東京下町の切子職人が手がけています。このシリーズの切子はとても繊細で、高い製作技術が要されることから、日本の限られた職人でしか製作できません。

      そして、職人とのコミュニケーションも大切な要素になります。切子は様々な道具を使って削り、磨き、仕上げていくものです。一本の線や、小さな丸い文様でも太さやサイズが異なれば、また別の道具が必要に。依頼する切子職人が、どのような道具を持っていて、どんなことが出来るかを把握していることが大切で、その技術を理解していないと木勝のデザインは生み出せないことから、デザインはインハウスデザイナーが担っています。

      このシリーズは「木勝と出会うのはバーか料理屋だけ」という考えから、長きにわたり限定して販売され、一般的には露出の機会が抑えられていました。本企画では、現在製作されている全119型におよぶグラスを一堂に集め、実際にご覧いただけます。全国的にも小売店ではなかなか見ることができないグラスです。

      2021年のホリデーコレクションでは、木村硝子店とARTS&SCIENCEがコラボレーションしたグラスセットの販売も予定しています。木勝シリーズの中から、切子の柄をA&Sのためにアレンジしていただいた品となり、A&Sのみでご覧いただけます。クラッシックで小ぶりな木勝シリーズは、ギフトにもぴったりです。相手の好む飲み物にあわせて、グラスを贈る楽しみも。ぜひ、お運びください。


      【ご来店予約について】
      ご来店は予約優先となりますので、ご希望のお客様は下記予約フォームよりお申し込みください。
        京都・HIN / Arts & Scienceご来店予約フォーム 
      【受付〆切日時】 12月1日(水)19時

      ※ご予約がない場合は状況により入店をお待ちいただく場合や、お断りする可能性もございます。予めご了承ください。
      ※予約内容を送信後、自動返信メールが届きましたらその時点で予約完了となります。
      ※当日のご来店予約はお手数ですが店舗までお電話にて直接お問い合わせください。
      ※HP内のコンタクトフォームからご連絡をいただいた場合は無効となります。ご注意ください。

      TITLE
      『木村硝子店 木勝シリーズ』 販売会
      DATE
      HIN / Arts & Science, Nijodori Kyoto
      2021年11月19日(金) – 12月2日(木)*/12:00〜19:00
      火曜日定休 *最終日12月2日は17時閉店
      PROFILE
      創業時より、プロが使うテーブルウェアの分野で工場を持たないメーカーとして多くの職人や工場の協力のもと数々の自社デザインのグラスを製造している。「極うすグラス」、極細のステム(グラスの足)をもつ「ピーボ」、カクテルグラスを軸とした「木勝」や「ラップ」など、多くの人に愛されるグラスシリーズのラインを持つ。オリジナルグラスの製造にあわせ、海外の優れたデザインの商品をセレクトし様々なレストランに提案するなど、より良いテーブルウェアの開発に力を入れている。
      • ※ 詳細は店舗もしくはコンタクトフォームよりお問い合わせください。
      • ※ 品切れによりお求めいただけない場合もございますので、ご了承ください。

      close

    • Oct 11, 21Event
      みたて “歳の市”

      *当イベントへのご来店は予約優先制となります。詳細は本文内のご予約方法をご確認ください

      今年も〈花屋 みたて〉のお正月飾りがA&Sにやってきます。来年の干支 寅を漆の敷板に飾った「干支藁」のほか、新作の「迎え亀」、冬の景色を木箱に詰め込んだ「敷松葉」など、全30種類を一同にご覧いただけます。新しい年を迎えるご準備に、どうぞお出かけください。

      東京はA&S DAIKANYMA、京都はHIN / Arts & Scienceで開催。みなさまのご来店をお待ちしております。


      【ご来店予約について】
      ご来店は予約優先となりますので、ご希望のお客様は下記予約フォームよりお申し込みください。

        京都・HIN / Arts & Scienceご来店予約フォーム 
      【受付〆切日時】 11月13日(土)19時

      ※ご予約がない場合は状況により入店をお待ちいただく場合や、お断りする可能性もございます。予めご了承ください。
      ※予約内容を送信後、自動返信メールが届きましたらその時点で予約完了となります。
      ※当日のご来店予約はお手数ですが店舗までお電話にて直接お問い合わせください。
      ※HP内のコンタクトフォームからご連絡をいただいた場合は無効となります。ご注意ください。

      TITLE
      みたて “歳の市”
      TOKYO
      A&S DAIKANYAMA
      2021年10月22日(金) — 10月31日(日) / 12:00 – 18:00
      火曜定休
      KYOTO
      HIN / Arts & Science, Nijodori Kyoto
      2021年11月5日(金) — 11月14日(日) / 12:00 – 19:00
      火曜定休
      PROFILE
      2013年4月、京都市北区紫竹に開店。日本の暦にあわせた季節の山野草を用い、しみじみとした奥ゆかしさを持ついけこみや花の木箱などを手がける。ものを本来あるべき姿ではなく別のものに見立てる表現方法、その日本独自の美意識を植物で表現している。

      close

    • Oct 7, 21Event
      Adam Silverman “Horizon”

      *当イベントへのご来店は予約優先制となります。詳細は本文内のご予約方法をご確認ください

      陶芸家・アダム シルヴァーマンの個展を、京都・HIN / Arts & Scienceにて開催します。本展ではアメリカのロードアイランドとアットウォーターという東西に離れた場所で制作され、その土地で採れる素材(粘土・海藻・塩・木・作物の殻等)を用いる等、実験的な過程を経て生まれた作品群をご覧いただきます。

      アダムの作品は釉薬の表情・フォルム等々独自の世界観を持っており、HINではボウルをはじめとする実用性に富む作品を中心にご紹介します。ぜひ、お運びください。

      *本展は10月9日(土)より、東京・CURATOR'S CUBEでも開催を予定しております。 [完全予約制]

      【ご来店予約について】
      ご来店は予約優先となりますので、ご希望のお客様は下記予約フォームよりお申し込みください。

        HIN / Arts & Scienceご来店予約フォーム
      【受付〆切日時】 10月30日(土)19時

      ※ご予約がない場合は状況により入店をお待ちいただく場合や、お断りする可能性もございます。予めご了承ください。
      ※予約内容を送信後、自動返信メールが届きましたらその時点で予約完了となります。
      ※当日のご来店予約はお手数ですが店舗までお電話にて直接お問い合わせください。
      ※HP内のコンタクトフォームからご連絡をいただいた場合は無効となります。ご注意ください。

      TITLE
      Adam Silverman “Horizon”
      DATE
      2021年10月22日(金) – 10月31日(日)/12:00〜19:00
      火曜日定休
      SHOP
      HIN / Arts & Science, Nijodori Kyoto
      PROFILE
      大学卒業後、建築家としてロサンゼルスへ移住。2003年、それまで家族や友人へ向けて制作していた陶器を生業とすべくAtwater Pottery(アットウォーター ポタリー)を設立。2008年に、理念を分かち合うHeath Ceramicsのロサンゼルス店の開店に合わせ、スタジオディレクターに就任。2015年、ディレクター退任後、ロードアイランド州へアトリエを移す。2018年、陶歴始まりの地アットウォーターにスタジオを再建。
      www.adamsilverman.net
      同時開催
      CURATOR’S CUBE
      2021年10月9日(土) – 10月24日(日)/12:00 – 17:00
      月曜日定休
      <完全予約制> 詳しくはCURATOR’S CUBE HPをご確認ください
      • ※ 詳細は店舗もしくはコンタクトフォームよりお問い合わせください。
      • ※ 品切れによりお求めいただけない場合もございますので、ご了承ください。

      close

    • Oct 4, 21Event
      MARQUESS “Semi-Custom Order 2021”

      ビスポーク・シューズブランド〈MARQUESS〉のセミカスタムオーダー会を、10月8日(金)から31日(日)にかけてSHOES and THINGSで開催します。

      本企画では、9型のデザインからお好みの型でレザーやカラーを選んでいただくセミオーダーを承ります。クロコダイルなど通常お取り扱いのないレザーのスペシャルオーダーも。今回は新型のミリタリーブーツ<YORK>もお目見えします。こちらはバルク生産のお品もご用意しております。

      年に2回、定期的に開催しているこのオーダー会では、デザイナー川口氏が在店してくださる日があります。今回は10月30日(土)と31日(日)の2日間。フィッティングはもちろん、足の悩みなど、直接相談しながらオーダーを検討いただける嬉しい機会です。個々に寄り添った、できる限りの提案をしてくださいます。そして、すでにARTS&SCIENCEで購入されたMARQUESSの靴をお持ちの方は、ぜひ履いてご来店ください。靴の状態を川口氏が確認し適切なアドバイスをくださいます。

      <YORK> Military Officers Boots
      英国のMilitary Officers Bootsには“歴史と品格”を感じます。無駄を削ぎ落としたシンプルなデザイン、ミリタリーらしい機能美。正統な佇まいを保ちつつ、Ladiesの靴としてバランス良く仕上げることにこだわりました。
      今回の製作にあたり従来より少しゆったりとした木型を設計し、羽部分で足首をしっかりと固定したブーツならではの履き心地を形にしました。 フランスの細かい型押しの牛革を使用、素材感を愉しめるように作りました。 見た目のしっかりとした印象とは異なり、柔らかな履き心地と軽さを感じて頂けるブーツです。
      Ladiesの“Military Officers Boots”としてスタンダードな靴となるよう、願いを込めて作りました。
       ― MARQUESS 川口昭司


      【ご予約方法】
      ※新型コロナウイルス感染症による状況を踏まえ、セミカスタムオーダーは完全予約制となります。ご希望のお客様は下記リンクをクリックしていただき、ご来店希望日時を『第1希望、第2希望』まで必ず明記の上、お申し込みください。

       セミカスタムオーダー会のご来店予約はこちらから 
      [受付期間:10月4日(月)〜10月30日(土)15時まで]
      ※HP内のコンタクトフォームよりご連絡をいただいた場合は無効となります。ご注意ください。※当日のご予約は承りかねます。前日15時までにご連絡をお願いいたします。


      【イベント開催に際して】
      - 基本的に店内へのご入店は1組様限りとさせていただきます。
      - オーダーはレディースサイズ(UKサイズ 3、3 1/2、4、4 1/2、5、5 1/2、6、6 1/2)のみとなります。
      - 観覧時間は50分の入れ替え制とさせていただきます。
      - オーダー商品のお渡しは2022年3月以降となります。
      - オーダーを目的としないご来店は予約不要ですが、状況により入店をお待ちいただく場合があります。
      - ご来店の際はマスクの着用と、入口に設置したアルコール消毒液で手指の消毒・検温をお願いしております。

      TITLE
      MARQUESS “Semi-Custom Order 2021”
      DATE
      2021.10.8 (Fri.) – 10.31 (Sun.) / 12:00 – 19:00
      川口氏在店:10.30 (Sat.) & 31 (Sun.)
      火曜定休
      SHOP
      NOTE
      ブランド特集記事はこちら

      close

    • Aug 27, 21Event
      髙仲健一 「髙仲怪獣図鑑」

      *当イベントへのご来店は予約優先制となります。詳細は本文内のご予約方法をご確認ください

      画家・書家・陶芸家として様々な制作を行う髙仲健一の企画展を、京都・HIN / Arts & Scienceと東京・OVER THE COUNTERにて開催いたします。

      ARTS&SCIENCEでは毎年恒例となる本企画。今年は「髙仲怪獣図鑑」をテーマに陶器や絵画のほか、作家の自費出版による書籍も初披露いたします。厳しくも豊かな山上の暮らしのなかで東洋の古典を学び深思し、心赴くまま、益々自由に創作に打ち込む髙仲健一の世界を是非ご覧ください。

      怪獣が好きだ。それも怪獣と怪獣が闘っているのが好きだ。そうして怪獣の人形が好きだ。これは、私が生まれた昭和四十一年から数年の間作られたマルサンやブルマァクのものに限る。後のものは面白くない。幼い頃、庭の砂場やお風呂場で、よく怪獣人形同士を闘わせたものだ。ガオーとか、ドカンとか、自分で擬音を出しながら…。今思えば、あれが全てだ。五十年前の私は、かけがえのない、この私なのだ。 ― 髙仲健一


      【ご来店予約について】
      ご来店は予約優先となりますので、ご希望のお客様は下記予約フォームよりお申し込みください。

      京都・HIN / Arts & Scienceご来店予約フォーム(会期終了)
      【受付〆切日時】 9月11日(土)19時

        東京・OVER THE COUNTERご来店予約フォーム 
      【受付〆切日時】 9月25日(土)19時

      ※ご予約がない場合は状況により入店をお待ちいただく場合や、お断りする可能性もございます。予めご了承ください。
      ※予約内容を送信後、自動返信メールが届きましたらその時点で予約完了となります。
      ※当日のご来店予約はお手数ですが店舗までお電話にて直接お問い合わせください。
      ※HP内のコンタクトフォームからご連絡をいただいた場合は無効となります。ご注意ください。

      TITLE
      髙仲健一 「髙仲怪獣図鑑」
      KYOTO
      HIN / Arts & Science, Nijodori Kyoto
      2021年9月3日(金) – 9月12日(日)/12:00〜19:00
      作家在店: 9月3日(金)/*火曜日定休
      TOKYO
      OVER THE COUNTER
      2021年9月17日(金) – 9月26日(日)/12:00〜19:00
      作家在店: 9月17日(金)/*火曜日定休
      PROFILE
      髙仲健一/1966年茨城県取手市に生まれる。学習院大学を中退後、漢籍、仏書、日本古典を糧に、独学で書、絵画の制作を開始。1993年千葉県大多喜に自身で薪窯を築き、本格的な陶芸活動を始める。半自給自足の生活を営みながら生み出される作品は、独自の感性やユニークな表現が注目され、様々なギャラリーで個展を開催している。
      NOTE
      展示準備のため、前日を17時までの短縮営業とさせていただきます。
      HIN / Arts & Science: 9月2日(木)
      OVER THE COUNTER: 9月16日(木)
      • ※ 詳細は店舗もしくはコンタクトフォームよりお問い合わせください。
      • ※ 品切れによりお求めいただけない場合もございますので、ご了承ください。

      close

    • Jul 30, 21Event
      Made to Order Furniture by IFUJI × ARTS&SCIENCE vol.4

      *当イベントへのご来店は予約優先制となります。詳細は本文内のご予約方法をご確認ください

      工芸ブランド・IFUJIによる家具のオーダー会を、京都・HIN / Arts & Scienceと東京・OVER THE COUNTERにて開催します。ARTS&SCIENCEでは4回目となる企画展です。

      今回は、折り畳可能な脚とお盆としても使える天板を組み合わせからなる「フォールディングサイドテーブル」、細々とした大切なものを収納する「パーソナルチェスト」、蓋なしの「リムボックスシリーズ」といった新作を軸にご紹介します。ほかにも、小さな品から大型家具にいたる多種多様な品をまとめてご覧いただきます。

      家で過ごす時間を大切に捉え、道具としての幅広い提案をしたい。そんなIFUJIの思いが込められた企画展です。ぜひお運びください。

      - 展示作品の多くはオーダーによる受注生産品となります。
      - 定番のオーバルボックス等お持ち帰り可能な品も若干並ぶ予定です。
      - 在庫状況等の詳細は店舗までお問い合わせ下さい。


      【ご来店予約について】
      ご来店は予約優先となりますので、ご希望のお客様は下記予約フォームよりお申し込みください。

        東京・OVER THE COUNTERご来店予約フォーム 
      【受付〆切日時】 10月17日(日)19時

      ※ご予約がない場合は状況により入店をお待ちいただく場合や、お断りする可能性もございます。予めご了承ください。
      ※予約内容を送信後、自動返信メールが届きましたらその時点で予約完了となります。
      ※当日のご来店予約はお手数ですが店舗までお電話にて直接お問い合わせください。
      ※HP内のコンタクトフォームからご連絡をいただいた場合は無効となります。ご注意ください。

      TITLE
      Made to Order Furniture by IFUJI × ARTS&SCIENCE vol.4
      KYOTO
      HIN / Arts & Science, Nijodori Kyoto
      2021年8月6日(金) – 8月22日(日)/12:00〜19:00
      火曜日定休
      TOKYO
      OVER THE COUNTER
      2021年8月27日(金) – 9月12日(日)/12:00〜19:00
      *延期:2021年9月29日(水) – 10月18日(月)

      火曜日定休
      PROFILE
      IFUJI/木工作家、井藤昌志による工芸ブランド。「木」という素材と向き合い、妥協のないものづくりを通して、世紀を超えて長く愛される製品を追求している。長野県松本市に工房を構え、衣食住のものを集めたカフェ・ショップ・ギャラリーの「LABORATORIO」も運営している。ARTS&SCIENCEでは2014年から展開しており、各種企画展も開催している。
      • ※ 詳細は店舗もしくはコンタクトフォームよりお問い合わせください。
      • ※ 品切れによりお求めいただけない場合もございますので、ご了承ください。

      close

    • Jul 20, 21Event
      Steve Harrison 2021 抽選販売会

      *当イベントへのご来店は予約優先制となります。詳細は本文内のご予約方法をご確認ください

      2021年に製作されたSteve Harrisonの作品がARTS&SCIENCEに届きました。
      7月26日(月)から8月1日(日)にかけて、東京・OVER THE COUNTERと京都・HIN / Arts & Scienceで同時に作品を展示します。マグカップを軸に、ティーポットやボウルなどの定番作品とともに、Steveが選んだごく僅かなアーカイブ作品も展示される予定です。まずは期間中にゆっくりと店頭で作品をご覧ください。


      【抽選販売会に関するご注意】
      すべての作品は店頭での抽選応募によりお求めいただきます。
      *本企画は店頭での抽選販売会です。抽選応募の順序は当落に一切関係ございません。
      *展示会期中は、抽選購入の応募受付のみとなり作品をお求めいただくことはできません。
      *作品は全て1点ものです。アソートにて東京・OVER THE COUNTERと京都・HIN / Arts & Scienceに展示され、店頭でのみご覧いただけます。
      *本イベントの特性上、お電話、メールによる抽選応募はお受け致しません。作品のラインナップに関してのお問い合わせはお控えください。


      【ご来店予約について】
      ご来店は予約優先となりますので、ご希望のお客様は下記予約フォームよりお申し込みください。

        東京・OVER THE COUNTERご来店予約フォーム 

        京都・HIN / Arts & Scienceご来店予約フォーム 

      【受付〆切日時】
      7月31日(土)19時

      ※ご予約がない場合は状況により入店をお待ちいただく場合や、お断りする可能性もございます。予めご了承ください。
      ※予約内容を送信後、自動返信メールが届きましたらその時点で予約完了となります。
      ※当日のご来店予約はお手数ですが店舗までお電話にて直接お問い合わせください。
      ※HP内のコンタクトフォームからご連絡をいただいた場合は無効となります。ご注意ください。

      TITLE
      Steve Harrison 2021 抽選販売会
      DATE
      2021年7月26日(月) – 8月1日(日)/12:00〜19:00
      *HIN / Arts & Scienceは火曜日定休
      SHOP
      東京 OVER THE COUNTER
      京都 HIN / Arts & Science, Nijodori Kyoto
      PROFILE
      スティーブ・ハリソン/ 1967年生まれ。ロイヤルカレッジオブアーツの陶芸修士課程を終了。ロンドン郊外にワークショップと窯を持ち、制作活動を行う。主な代表作には、釉薬に塩を用いたソルトグレーズ手法をつかったマグカップやジャグなど。
      Photos by Richard Cannon

      close

    • Jun 25, 21Event
      小澄正雄 『カラフと器』展

      *当イベントはご予約制となります。詳細は本文内のご予約方法をご確認ください

      ガラス作家・小澄正雄による『カラフと器』展を東京・OVER THE COUNTERと、京都・HIN / Arts & Scienceで開催します。
      今回の展覧会では、ARTS&SCIENCEのリクエストによる新作・カラフェとコップをご紹介します。構想からかたちになるまで1年ほどの歳月を費やし、試行錯誤を重ねて生まれました。この作品を軸に、普段はお取り扱いのない数種類のグラス類が揃うほか、新色となる緑色のボトル、オンギ、パフェグラス、風鈴といった夏らしい品々が揃います。

      江戸時代に源流をもつ“宙吹き”や“型吹き”の技術を用い、独自の色味やフォルムからなる小澄正雄のガラス作品をぜひご覧ください。

      カラフ、又は冠水瓶は瓶形の水差しの口にコップ両用の蓋を掛けた器です。古、舶来のカラフを職人はどう見たのか、蕪村の「硝子の魚おどろきぬ今朝の秋」の形は如何なる面持ちか... すずろ懐古の迷霧を払いながら型吹きにてお作りしました。座辺にまたは枕辺において喉を潤す道具として置いていただければ幸いです。 ― 小澄正雄


      【ご予約方法】
      東京のOVER THE COUNTER、京都のHIN共に会期が異なりますが、それぞれ初日は混雑を避ける為に完全予約制(抽選)にて、初日以外の期間はご予約優先にてご案内いたします。ご来店希望日によりご予約方法が異なりますので下記ご予約方法をご確認のうえ、お申し込みください。

      ■東京初日7/2(金)及び、京都初日7/16(金)ご来店希望のお客様
      それぞれ会期初日は抽選による完全予約制となります。ご希望のお客様は下記リンクより、抽選応募フォームにお進みください。

       初日のご来店予約抽選の受付は終了しました。 
      【受付〆切日時】6/27(日)19時
      ※抽選結果は6/28(月)〜6/29(火)の期間に、ご当選者さまのみにメールにてご連絡いたします。
      ※HP内のコンタクトフォームからご連絡をいただいた場合は無効となります。ご注意ください。

      ■初日以外の期間でご来店希望のお客様
      この期間は予約なしでもご来店いただけますが、予約優先にてご案内いたします。ご希望のお客様は下記予約フォームよりお申し込みください。
      ※ 完全予約制にてご案内しておりました初日も、空きのある一部時間帯に限りこちらよりご予約を受け付けます。

        東京・OVER THE COUNTERご来店予約フォーム 
      【受付〆切日時】7/10(土)19時

        京都・HIN / Arts & Scienceご来店予約フォーム 
      【受付〆切日時】7/24(土)19時

      ※ご予約がない場合は状況により入店をお待ちいただく場合や、お断りする可能性もございます。予めご了承ください。
      ※予約内容を送信後、自動返信メールが届きましたらその時点で予約完了となります。
      ※当日のご来店予約はお手数ですが店舗までお電話にて直接お問い合わせください。
      ※HP内のコンタクトフォームからご連絡をいただいた場合は無効となります。ご注意ください。


      【展示開催に際して】
      ※新型コロナウイルス感染症による状況を踏まえ、本展示は初日のみ完全予約制。それ以降は予約優先となります。
      ※ご来店の際はマスクの着用と、入口に設置したアルコール消毒液で手指の消毒、検温をお願いしております。
      ※展示期間中の観覧時間は、一組様30分の入れ替え制とさせていただきます。

      TITLE
      小澄正雄 『カラフと器』展
      TOKYO
      OVER THE COUNTER
      2021年7月2日(金) – 7月11日(日)/ 12:00〜19:00
      作家在店日: 7/2(金)、3(土)
      KYOTO
      HIN / Arts & Science20日(火)は定休
      2021年7月16日(金) – 7月25日(日)/ 12:00〜19:00
      作家在店日: 7/16(金)、17(土)
      PROFILE
      1979年熊本県生まれ。2005年より富山県で制作を始め、2015年に岐阜県に工房を移す。江戸ガラスの技法やその歴史、技術の文脈も含め、原料や型作りを研究しながら独自の視点からなるガラス制作を行う。2016年にオープンしたHIN / Arts & Scienceの窓に配されたガラスブロックも手がけている。ARTS&SCIENCEでは1年に1度のペースで展覧会を開催。
      NOTE
      OVER THE COUNTERは展示準備のため、前日7月1日(金)の営業を17時までとさせていただきます。

      close

    • Apr 13, 21Event
      三谷龍二 個展「1981 – 2021 木工房の40年」を終えて

      HIN / Arts & Scienceで開催した、木工作家・三谷龍二の個展「1981 - 2021 木工房の40年」は2021年4月4日をもって無事に会期を終えることができました。
      本ページでは、個展を終えた三谷龍二の言葉とともに実際の展示風景をご紹介します。あわせて2月上旬にリニュアールオープンし、作家の作品をより深くご紹介できる場となったHINの空間もご覧ください。

      *本ページに掲載されている販売作品は全て完売となっております。ご了承ください。

      HIN / Arts & Scienceで開催した、木工作家・三谷龍二の個展「1981 - 2021 木工房の40年」は2021年4月4日をもって無事に会期を終えることができました。
      本ページでは、個展を終えた三谷龍二の言葉とともに実際の展示風景をご紹介します。あわせて2月上旬にリニュアールオープンし、作家の作品をより深くご紹介できる場となったHINの空間もご覧ください。

      *本ページに掲載されている販売作品は全て完売となっております。ご了承ください。

      SEE MORE

      close

    • Apr 9, 21Event
      吉川和人 展 2021

      *当イベントはご予約制となります。詳細は本文内のご予約方法をご確認ください

      木工作家・吉川和人の個展を、4月23日(金)から5月9日(日)にかけて東京のOVER THE COUNTERで開催します。家具やオブジェなどの作品を軸に、吉川和人の「ものづくり」をご覧いただきます。

      キャビネット、ダイニングテーブル、ミラーやオブジェをはじめ、全ての作品に用いられている木材は独自の視点で選ばれ、木の表情が最大限生かされるように配慮されています。本展ではこれらの他にも、スプーン、バターナイフ、プレートやボウルなど、日々の食卓を彩るテーブルウェアが揃います。ダイニングテーブルは天板のサイズが選べるセミオーダにて承ります。

      ARTS&SCIENCE初となる吉川和人の個展です。「木」という生物資源がもつ特有の魅力が生かされた作品群が集います。4月23日、5月1日、9日は作家本人が在店し、直接お話いただける機会です。


      木は朽ちるという美しい可能性を持っています。

      それを美しいと感じるのは、われわれ自身も生の盛りを経て、やがて老いて朽ちていくことを知っているからかもしれません。

      緻密な年輪、節や朽ちは、その木が生き抜いた過去の時間そのものであり、それは見る人に、今ここで生きているという美しい生の瞬間を実感させる力があるように思います。

      子供の頃に住んでいた家のそばには森があり、そこでは膨大な数の生死が季節ごとに繰り返されているのを感じながら育ちました。木は自分の遊び相手であると同時に、樹液には虫が群がり、枝には鳥が巣を作り、新緑はやがて腐葉土となって森の命を養っていました。嵐の夜には巨木がゴーゴーと音をたて、布団の中で畏れを抱いた存在でもありました。

      わたしにとっての木は、ただ材料としての質量ではなく、ガサガサした皮や青臭い匂いを持つ、生きものとしての樹のようです。自分が作るものにもその命の気配や生々しい官能性を映しこめたらと思っています。
       ― 吉川和人


      【ご予約方法】
      初日の4/23(金)は、混雑を避ける為に完全予約制(抽選)にて、4/24(土)〜5/9(日)の期間はご予約優先にてご案内いたします。ご来店希望日によりご予約方法が異なりますので、下記ご予約方法をご確認のうえ、お申し込みください。


      ※展示終了に伴い予約受付は終了しました



      【展示開催に際して】
      ※新型コロナウイルス感染症による状況を踏まえ、本展示は初日のみ完全予約制。それ以降は予約優先となります。
      ※ご来店の際はマスクの着用と、入口に設置したアルコール消毒液で手指の消毒、検温をお願いしております。
      ※初日の観覧時間は50分の入れ替え制、それ以外の日程は30分の入れ替え制とさせていただきます。

      TITLE
      吉川和人 展 2021
      DATE
      2021年4月23日(金) – 5月9日(日) / 12:00〜19:00
      ※ 4月23日(金)、5月1日(土)、9日(日)、終日作家在廊予定
      PROFILE
      木工作家、1976年生まれ。福島県出身。慶応義塾大学商学部卒業後、株式会社カッシーナ・イクスシーにて勤務。在職中に一年間の育児休暇を取得と同時に渡仏。2012年に同社を退社し、岐阜県立森林文化アカデミーにて木工技術の基礎と日本の森林文化を学ぶ。現在は、世田谷と三重県大台町に工房を持ち、2拠点で制作活動を行う。展示会での制作物の発表を主な活動としているが、学校法人自由学園の教室家具の制作や、豊岡市立図書館内の彫刻家具の制作、トヨタ自動車との協働による山林資源活用や地域活性化のプロジェクトを行うなど、公共的な活動も平行して行なっている。
      SHOP
      OVER THE COUNTER
      NOTE
      前日4月22日(木)は展示準備のため17時までの時短営業となります。

      close

    • Mar 25, 21Event
      MARQUESS “Semi-Custom Order 2021”

      ビスポーク・シューズブランド〈MARQUESS〉のセミカスタムオーダー会を、4月2日(金)から30日(金)にかけてSHOES and THINGSで開催します。

      8型のデザインから、お好みの型でレザーやカラーを選んでいただくセミオーダーを承ります。クロコダイルなど通常お取り扱いのないレザーのスペシャルオーダーも。そして、一枚革で作られたアレンジ型のサイドゴアスリッポンも登場します。

      年に2回、定期的に開催しているこのオーダー会では、デザイナー川口氏が在店してくださる日があります。今回は4月24日(土)と25日(日)の2日間。フィッティングはもちろん、足の悩みなど、直接相談しながらオーダーを検討いただける嬉しい機会です。個々に寄り添った、できる限りの提案をしてくださいます。そして、すでにA&Sで購入されたMARQUESSの靴をお持ちの方は、ぜひ履いてご来店ください。靴の状態を川口氏が確認し適切なアドバイスをくださいます。


      【ご予約方法】
      ※新型コロナウイルス感染症による状況を踏まえ、セミカスタムオーダーは完全予約制となります。ご希望のお客様は下記リンクをクリックしていただき、ご来店希望日時を『第1希望、第2希望』まで必ず明記の上、お申し込みください。

       セミカスタムオーダー会のご来店予約はこちらから 
      [受付期間:3月25日(木)〜4月29日(木)15時まで]
      ※HP内のコンタクトフォームよりご連絡をいただいた場合は無効となります。ご注意ください。※当日のご予約は承りかねます。前日15時までにご連絡をお願いいたします。


      【イベント開催に際して】
      - 基本的に店内へのご入店は2組様限りとさせていただきます。
      - オーダーはレディースサイズのみとなります。
      - 観覧時間は50分の入れ替え制とさせていただきます。
      - オーダー商品のお渡しは2021年9月以降となります。
      - オーダーを目的としないご来店は予約不要ですが、状況により入店をお待ちいただく場合があります。
      - ご来店の際はマスクの着用と、入口に設置したアルコール消毒液で手指の消毒・検温をお願いしております。

      TITLE
      MARQUESS “Semi-Custom Order 2021”
      DATE
      2021.4.2 (Fri.) – 4.30 (Fri.) / 12:00 – 19:00
      川口氏在店:4.24 (Sat.) & 25 (Sun.)
      SHOP
      NOTE
      ブランド特集記事はこちら

      close

    • Mar 9, 21Event
      三谷龍二 個展「1981 – 2021 木工房の40年」

      木工作家・三谷龍二の個展「1981 - 2021 木工房の40年」を、3月26日から4月4日にかけてHIN / Arts & Scienceで開催します。

      1981年より制作をはじめた三谷龍二にとって、2021年は作家活動40周年の節目となります。これを記念して、40年におよぶ制作を回顧した書籍を刊行すると共に、この書籍に掲載される作品を展示します。あわせて、器やカトラリーをはじめとした日常使いの品々の展示販売もおこないます。
      「生活工芸」という、暮らしのなかで使うものを長きにわたり見つめ、提案してきた三谷龍二。本展では、これまでの制作の全てをゆっくりと振り返りながらご覧いただきます。


      日本人は古くから弱きもの、貧しきものを愛してきた

      完璧なもの、真なるものよりも、侘びたるもの、草のものを
      豪華な宴席より、粗末な庵での一服のお茶を
      偉い権力者より、貧者に身をやつし、弱きを助けるものを

      バブル期の虚飾に充ちた贅沢や飽食の日々
      それに強く違和感を抱いた人が多くいた
      僕たちは噓の泡に溺れて、見失った自分を取り戻すために、
      家族との時間を、身の丈にあった暮らしを、求めた
      そのような人たちの求めに応じるように生まれたのが、
      生活工芸だったのではないだろうか
      作るものは、黄金の輝きも、目を喜ばす高度な加飾も施されていない
      無地で、簡素、退屈なぐらいケレン味のない、普段使いの器ばかり

      でも、そうしたものが日本の近代化のなかで失った生活世界を回復するために、
      必要だったのだろう
      空き家に人が住み始めると、それだけで部屋が生き生きと呼吸しはじめる
      それと同じように、空洞化した自分たちの生活世界を
      再び、そばに引き寄せるために、
      弱く、貧しい工芸のかたちが、求められたのだと思う

      弱さの工芸 2020 三谷龍二著『1981 - 2021 木工房の40年』より


      3/26(金)〜29(月)の開催初日からの4日間は、混雑を避ける為に完全予約制(抽選)にて、3/31(水)〜4/4(日)の期間はご予約優先にてご案内いたします。下記ご予約方法をご確認の上、お申し込みください。

      ※会期終了に伴い、ご来店予約の受付は終了いたしました。




      【展示開催に際して】
      ※新型コロナウイルス感染症による状況を踏まえ、本展示は3/26から29は完全予約制。31日以降は予約優先となります。
      ※ご来店の際はマスクの着用と、入口に設置したアルコール消毒液で手指の消毒、検温をお願いしております。
      ※観覧時間は50分の入れ替え制とさせていただきます。

      TITLE
      三谷龍二 個展「1981 – 2021 木工房の40年」
      DATE
      2021年3月26日(金) – 4月4日(日) / 12:00〜19:00
      ※3月30日(火)定休日
      PROFILE
      木工作家。1952年福井市生まれ。1981年松本市に工房PERSONA STUDIOを設立。陶磁器のような普段使いの木の器を作り、それまで家具中心だった木工に、新たな分野を開く。実用の器だけではなく、積み木や薬缶など生活風景をモチーフにした親密性の高い絵画や立体作品も制作。2011年 松本市内にギャラリー「10cm」を開店。
      SHOP
      HIN / Arts & Science, Nijodori Kyoto
      NOTE
      前日3月25日(木)は展示準備のため休店となります。

      close

    • Jan 27, 21Event
      瀟木子 Sho Bok Si

      この度、京都・HIN 、東京・OVER THE COUNTER にて瀟木子(ショウボクシ)展を開催します。
      瀟木子とは、岡山県でギャラリー工房『匙屋』を主催する木工作家さかいあつしが、匙屋とは別の作家名で行う2018年よりはじまった試みです。「洒落た木の細工をする者」という意味が込められ、日常使いの道具作りという視点から少し離れ、心動く断片をかたちにして作品として発表しています。作品には岡山のオリーブ畑から出る間伐材が主に用いられ、表情の異なる木材と対話しながらひとつひとつ造形されます。
      ARTS&SCIENCEでは2回目となる本展では、大小様々な1点物のほか、25サイズの匙やコーヒースプーンなどを展示販売します。


      私は作歴のごく初期に木の匙を削る機会を得て
      社会に関わる糸口を見つけました。
      この作業は私を大いに勇気付け、以来久しく匙を削っています。
      暮らしに彩りを添える道具作りを心掛けてきましたが
      一方で機能に必要のない樹皮や製作の効率を落とす節や曲がりにも
      木の精妙さを感じるようになりました。
      ある日、オリーブ枝を自然の形を辿るように匙に削ってみたところ
      その作業が私を癒し解放することに気が付きました。
      それが「匙屋」とはまた別の作品群、「瀟木子」(しょうぼくし)の始まりです。

      物作りの世界でいわば匙語しか話せない私は
      瀟木子においてもやはり匙の形で出会った木を
      理解しようとします。
      樹皮の色や枝の曲がり具合を匙語に翻訳、つまり匙の形に
      当てはめながら削り、くり抜く作業を経て
      私はその木の精妙さに触れることができます。

      最初に答えがあるわけではありませんし
      取り組んでみて訳しきれない木も沢山あります。
      私に翻訳を許してくれる素材との出会いで
      ようやく瀟木子の作品は成り立っています
      ” — 瀟木子


      【展示開催に際して】
      *新型コロナウイルス感染症による状況を踏まえ、入場を制限させていただく場合がございます。
      *ご来店の際はマスクの着用と、入口に設置したアルコール消毒液で手指の消毒をお願いしております。
      *非接触タイプの検温器でお客様の体温を確認させていただきます。検温結果が37.5℃以上の場合は、ご入店をお断りさせていただきます。ご了承ください。

      【アポイントメント優先】
      本展はご予約なしでもご覧いただけますが、店内混雑を避ける為にご予約頂いた方を優先にご案内いたします。『アポイントメントに際して』の注意事項をご一読の上、HINまたはOVER THE COUNTERまで、ご来店希望日時を『第1希望、第2希望』まで必ず明記の上、メールにてご連絡ください。その後、該当店舗からの返信をもってご予約完了となります。

      ※ご予約は必ず下記店舗アドレス宛に直接お送りください。(HP内のコンタクトフォームからご連絡をいただくと返信が遅れる場合がございます)
      ※ご予約のないご来店は、状況によりお待ちいただく場合がございます。予めご了承ください。


      【アポイントメント受付窓口】
      京都:HIN / Arts & Science, Nijodori Kyoto
      予約対象期間:2月5日(金)〜2月14日(日)
      予約受付期間:1月27日(水)〜
      予約アドレス:hin@arts-science.com

      東京:OVER THE COUNTER
      予約対象期間:3月5日(金)〜3月14日(日)
      予約受付期間:2月19日(金)〜
      予約アドレス:over-the-counter@arts-science.com

      TITLE
      瀟木子 Sho Bok Si
      KYOTO
      HIN / Arts & Science, Nijodori Kyoto
      2021年2月5日(金) — 14日(日) / 12:00 – 19:00
      火曜定休
      TOKYO
      OVER THE COUNTER
      2021年3月5日(金) — 3月14日(日) / 12:00 – 19:00
      PROFILE
      さかいあつし/木工作家。1969年愛知県生まれ。大学を卒業後、会社勤めをするも、ものづくりへの想いが高まり1994年に小木工品の製作を開始。2006年に東京都国立市に「匙屋」をオープンし、現在は岡山県牛窓を活動拠点に。2018年からは瀟木子(ショウボクシ)として新たな試みを行っている。手作業で生まれる木製の匙は、自然の造形を感じつつも実用性を備え、多くのファンを持つ。
      URL
      https://www.sajiya.jp

      close

    • Jan 25, 21Event
      ナカオタカシ 抽選販売会

          この度、OVER THE COUNTERにて、ナカオタカシによる合成樹脂・FRP*を用いた作品の抽選販売会を行います。東京では初となる展示です。
          現在製作されている全15型のペンダントシェードをはじめ、様々なかたちやサイズのトレイが集い、テーブルランプも一部ご覧いただける予定です。全ての作品は幾度となく磨かれ、FRP*独自の半透明の質感が生かされています。

          * FRP (Fiber Reinforced Plastics) = ガラス繊維を樹脂で固めた強化プラスチック。軽量で強度の高い複合素材。

          下記ご案内をご確認の上、作品をご覧いただければ幸いです。


          【展示開催に際して】
          *新型コロナウイルス感染症による状況を踏まえ、本展示は完全アポイントメント制となります。ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
          *展示はご予約のお客様のみのご案内となります。通常の営業は行っておりますので随時ご入店いただけますが、店内の混雑状況により入場を制限させていただく場合がございます。
          *ご来店の際はマスクの着用と、入口に設置したアルコール消毒液で手指の消毒、検温をお願いしております。

          【抽選販売について】
          *本展示の作品は、ご来店の上お申し込みいただく「抽選販売」となります。
          *申し込み期間は、2月5日(金)〜2月14日(日)19時まで。
          *当選された方には、2月17日(水)までにメール、またはお電話にてご連絡いたします。

          【アポイントメント方法について】
          『アポイントメントに際して』の注意事項をご一読の上、OVER THE COUNTERまで、ご来店希望日時を『第1希望、第2希望』まで必ず明記の上、メールにてご連絡ください。その後、該当店舗からの返信をもってご予約完了となります。

          ※ご予約は必ず下記店舗アドレス宛に直接お送りください。(HP内のコンタクトフォームからご連絡をいただくと返信が遅れる場合がございます)
          ※ご入場は「1組につき2名まで」とさせていただきます。
          ※ご予約のないご来店は、状況によりお待ちいただく場合がございます。予めご了承ください。


          【アポイントメント受付窓口】
          OVER THE COUNTER
          予約対象期間:2月5日(金)〜2月14日(日)
          予約受付期間:1月25日(月)〜
          予約アドレス:over-the-counter@arts-science.com

          TITLE
          ナカオタカシ 抽選販売会
          DATE
          2021年2月5日(金) — 2月14日(日) / 12:00 – 19:00
          SHOP
          OVER THE COUNTER
          URL
          NOTE
          ・前日2月4日(木)は展示準備のため休店となります。
          ・2月よりOVER THE COUNTERの定休日が無くなりました。

          close