Update

  • Aug 28, 17Information
    Kenichi Takanaka ”Nanako”

    ARTS&SCIENCEでは昨年に続き2回目となる、画家・書家・陶芸家の髙仲健一氏の個展「魚々子」を東京と京都にて開催します。「魚々子(ななこ)」とは、彫金の際に先端が小円になったたがねを打ちこみ、金属の表面に細かい粒を蒔いたように見せる技法の一つ。今回はこの魚々子を土で表現した作品を中心に、およそ100点の作品をお披露目。また書を用いたグラフィカルな掛け軸もご覧いただけます。ぜひご来場ください。

    イタチに殺されたメン鷄の死体を見た妻は哀れんで、その死体で立派なスープを作り上げました。肉を一口食べた妻は感心の体で「殺し方が上手なんだなあ」と…。肉の味わいは殺し方で変わります。髙仲健一

    PROFILE
    1966年茨城県取手市に生まれる。学習院大学を中退後、漢籍、仏書、日本古典を糧に、独学で書、絵画の制作を開始。1993年千葉県大多喜に自身で薪窯を築き、本格的な陶芸活動を始める。半自給自足の生活を営みながら生み出される作品は、独自の感性やユニークな表現が注目され、様々なギャラリーで個展を開催している。
    TOKYO
    2017.9.9 (Sat) – 2017.9.18 (Mon) / 12:00 – 20:00
    *作家在廊 9.9 (Sat)
    AT THE CORNER
    KYOTO
    2017.9.23 (Sat) – 2017.10.1 (Sun) / 11:00 – 19:00
    *作家在店 9.23 (Sat)
    HIN

    close

  • Jul 4, 17Information
    LITMUS | Indigo Dyeing Special Order Event

    この度OVER THE COUNTERにて、藍染め工房〈LITMUS〉によるオーダー会を開催します。本イベントでは様々なアイテムの藍染めオーダーとあわせて、LITMUSの藍染めについてご紹介していきます。

    1. 持ち込みオーダー *7/15, 16, 17の3日間
    お手持ちのARTS&SCIENCEのアイテムに限り、藍染め製品の染め直し、また天然繊維のお洋服(白・生成り)の藍染めを承ります。LITMUSの吉川和夫氏に在店していただき、お好みの藍色をご相談いただけます。

    2. MOON CALENDAR 2018
    毎年ご好評いただいているムーンカレンダー。空(そら)・浅葱(あさぎ)に加え、普段取り扱いのない藍(あい)の3色の藍色からご注文いただけるほか、専用の額のご注文も承ります。

    3. BUY ORDERサービス
    本イベントに際して、ARTS&SCIENCEオリジナルのトートバッグ、ポーチ、ハンカチ、ワークコートなどの白のアイテムをご用意。空・浅葱・藍の3色から、お好きな藍色でご注文いただけます。

    PROFILE
    LITMUS / 骨董市で見つけた野良着の藍染めに魅了され、2000年に松井裕二氏と吉川和夫氏によって藍染め工房を立ち上げる。LITMUSが行う「灰汁発酵建て(あくはっこうだて)」は、藍の葉から作られる“すくも”という染料に、木灰の灰汁、日本酒や小麦ふすまを加えて発酵させた染め液で染めつける日本古来の藍の染色技法。その技法を守りつつも、素材や表現にとらわれない仕事で日本の藍色を表現している。
    HP
    DATE
    2017.7.15 (Sat) – 2017.7.23 (Sun) / 12:00 – 20:00
    LITMUS 吉川氏在店 7.15 (Sat), 16 (Sun), 17 (Mon) *holiday
    SHOP

    close

  • Jun 23, 17Information
    Made to Order Furniture by Ifuji x Arts & Science

    木工作家の井藤昌志氏とARTS&SCIENCEとのコラボレーションによる家具の受注イベントを、東京と京都にて開催します。サイズオーダー可能な組み立て式の棚や水屋箪笥の新作に加え、ベーシックラインの家具も別注色でご用意。また、各所に使用されるシンプルな金具は<かなぐや>製作。丁寧な仕事が施された生活に寄り添う家具を見つけにいらしてください。

    「5月に広い工房に移った。作る場所が変われば、作る物も変わる。大きな物が作りたくなった。ほかは何も変わらないし、いつも何かしら遷ろっている。でも今回はすこし特別かもしれない。」-井藤 昌志

    • 幅と高さのサイズオーダーが可能な組み立て棚。棚板は「楢」、「チーク」、「桜材」、桜材を植物染めした「三度黒」の4種類から選べる。
    PROFILE
    井藤 昌志/木工作家。1966年生。2003年、郡上八幡にイフジ家具工房を設立。 2006年初個展。2009年、長野県松本市へ工房を移転。昭和8年に建てられた薬局だったビルを改装したカフェ&ギャラリーと、the BOX SHOPとfaber LABORATORIOからなるLABORATORIOを運営。
    HP
    KYOTO
    2017.7.8 (Sat) – 2017.7.30 (Sun) / 11:00 – 19:00
    *作家在廊 7.8 (Sat)
    HIN
    TOKYO
    2017.8.5 (Sat) – 2017.8.20 (Sun) / 12:00 – 20:00
    *作家在廊 8.5 (Sat)
    AT THE CORNER

    close

  • Jun 23, 17Information
    Beni Pink

    これまで自らの足で世界中を周り、その土地に根付いたクラフトや手仕事を取り入れてきたdosa。この度AT THE CORNERでは、デザイナーのクリスティーナ キムが魅せられた紅花染めの鮮やかなピンクをテーマとしたイベント“Beni Pink”を開催いたします。紅花・草木染めを継承する三代目の草木染め研究家、染色工芸家、山崎和樹氏とのワークショップで作り上げた紅花染めのストールを中心に、同ブランドのスタンダードラインから色とりどりのピンクのアイテムが並ぶほか、クリスティーナと親交のあるアーティスト、キャシー クラインのパブリックアートプロジェクト「We Kiss」とdosaのコラボレーションによるショールが空間を彩ります。dosaの世界観をインスタレーションで体感していただける貴重な機会です。皆様のお越しをお待ちしております。

    PROFILE
    山崎和樹/草木工房(草木染研究所柿生工房)主宰。染織工芸家、染色研究家。三代にわたり衰退していた草木染を復興し、日本古来の染色文化の知識と草木染の伝統技法の保護・共有に深く携わってきた山崎家の三代目。1982年、明治大学農学部修士課程修了後,群馬県重要無形文化財保持者である父,青樹のもとで草木染めの研究を極める。1985年、神奈川県川崎市柿生に研究所を設立し、草木染めの作品制作と研究を続け、草木染工芸の啓蒙に貢献。2002年、信州大学工学系研究科博士課程終了。「草木染の色彩的特徴と風合いに関する研究」により学術博士取得。東北芸術工科大学准教授、高崎市染料植物園講師を兼任する他、「草木染 – 麻を染める」「草木染 – 四季の自然を染める」など数々の著書を出版。草木染研究発表、ワークショップ指導並び、紅花染めと紫染めの権威として、日本のみならず世界各地で精力な活動を行っている。
    HP

    Kathy Klein/キャシー クラインはアメリカのアリゾナ州を拠点に活動するアーティスト。1989年、アリゾナ州立大学で絵画の学士を取得、2000年には美術教育免許を取得する。自然の草花を並べて作られる「danmala」や、パブリックアートプロジェクト「We kiss」などの作品を手がける他、dosaとのコラボレーションによる展示も行っている。
    danmala  We kiss
    DATE
    AT THE CORNERでの会期は終了しましたが、8月4日からはARTS&SCIENCE KYOTOにて一部のアイテムをご覧いただけます。引き続き、皆さまのお越しをお待ちしております。
    SHOP

    close