Jun 25, 21Event
小澄正雄 『カラフと器』展

*当イベントはご予約制となります。詳細は本文内のご予約方法をご確認ください

ガラス作家・小澄正雄による『カラフと器』展を東京・OVER THE COUNTERと、京都・HIN / Arts & Scienceで開催します。
今回の展覧会では、ARTS&SCIENCEのリクエストによる新作・カラフェとコップをご紹介します。構想からかたちになるまで1年ほどの歳月を費やし、試行錯誤を重ねて生まれました。この作品を軸に、普段はお取り扱いのない数種類のグラス類が揃うほか、新色となる緑色のボトル、オンギ、パフェグラス、風鈴といった夏らしい品々が揃います。

江戸時代に源流をもつ“宙吹き”や“型吹き”の技術を用い、独自の色味やフォルムからなる小澄正雄のガラス作品をぜひご覧ください。

カラフ、又は冠水瓶は瓶形の水差しの口にコップ両用の蓋を掛けた器です。古、舶来のカラフを職人はどう見たのか、蕪村の「硝子の魚おどろきぬ今朝の秋」の形は如何なる面持ちか... すずろ懐古の迷霧を払いながら型吹きにてお作りしました。座辺にまたは枕辺において喉を潤す道具として置いていただければ幸いです。 ― 小澄正雄


【ご予約方法】
東京のOVER THE COUNTER、京都のHIN共に会期が異なりますが、それぞれ初日は混雑を避ける為に完全予約制(抽選)にて、初日以外の期間はご予約優先にてご案内いたします。ご来店希望日によりご予約方法が異なりますので下記ご予約方法をご確認のうえ、お申し込みください。

■東京初日7/2(金)及び、京都初日7/16(金)ご来店希望のお客様
それぞれ会期初日は抽選による完全予約制となります。ご希望のお客様は下記リンクより、抽選応募フォームにお進みください。

 初日のご来店予約抽選の受付は終了しました。 
【受付〆切日時】6/27(日)19時
※抽選結果は6/28(月)〜6/29(火)の期間に、ご当選者さまのみにメールにてご連絡いたします。
※HP内のコンタクトフォームからご連絡をいただいた場合は無効となります。ご注意ください。

■初日以外の期間でご来店希望のお客様
この期間は予約なしでもご来店いただけますが、予約優先にてご案内いたします。ご希望のお客様は下記予約フォームよりお申し込みください。
※ 完全予約制にてご案内しておりました初日も、空きのある一部時間帯に限りこちらよりご予約を受け付けます。

  東京・OVER THE COUNTERご来店予約フォーム 
【受付〆切日時】7/10(土)19時

  京都・HIN / Arts & Scienceご来店予約フォーム 
【受付〆切日時】7/24(土)19時

※ご予約がない場合は状況により入店をお待ちいただく場合や、お断りする可能性もございます。予めご了承ください。
※予約内容を送信後、自動返信メールが届きましたらその時点で予約完了となります。
※当日のご来店予約はお手数ですが店舗までお電話にて直接お問い合わせください。
※HP内のコンタクトフォームからご連絡をいただいた場合は無効となります。ご注意ください。


【展示開催に際して】
※新型コロナウイルス感染症による状況を踏まえ、本展示は初日のみ完全予約制。それ以降は予約優先となります。
※ご来店の際はマスクの着用と、入口に設置したアルコール消毒液で手指の消毒、検温をお願いしております。
※展示期間中の観覧時間は、一組様30分の入れ替え制とさせていただきます。

TITLE
小澄正雄 『カラフと器』展
TOKYO
OVER THE COUNTER
2021年7月2日(金) – 7月11日(日)/ 12:00〜19:00
作家在店日: 7/2(金)、3(土)
KYOTO
HIN / Arts & Science20日(火)は定休
2021年7月16日(金) – 7月25日(日)/ 12:00〜19:00
作家在店日: 7/16(金)、17(土)
PROFILE
1979年熊本県生まれ。2005年より富山県で制作を始め、2015年に岐阜県に工房を移す。江戸ガラスの技法やその歴史、技術の文脈も含め、原料や型作りを研究しながら独自の視点からなるガラス制作を行う。2016年にオープンしたHIN / Arts & Scienceの窓に配されたガラスブロックも手がけている。ARTS&SCIENCEでは1年に1度のペースで展覧会を開催。
NOTE
OVER THE COUNTERは展示準備のため、前日7月1日(金)の営業を17時までとさせていただきます。